Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink Design Verifier でサポートされる/サポートされない Simulink ブロック

Simulink® Design Verifier™ は、さまざまなレベルの Simulink ブロックのサポートを提供します。

  • 完全サポート

  • 一部サポート

  • サポートなし

サポートされないブロックがモデルに含まれる場合、自動スタブを有効にできます。自動スタブでは、サポートされないブロックのインターフェイスは考慮されますが、その動作は考慮されません。ただし、サポートされないブロックのいずれかがシミュレーション結果に影響する場合、解析は部分的な結果のみをもたらす可能性があります。自動スタブについての詳細は、自動スタブによる非互換性処理を参照してください。

100% のカバレッジを達成するためには、サポートされないブロックの解析するモデルでの使用は避けてください。同様に、部分的にサポートされるブロックでは、Simulink Design Verifier が認識するブロック パラメーターのみを指定します。

次の表に Simulink ブロックに対する Simulink Design Verifier の解析のサポートの概要を示します。それぞれの表では、Simulink ライブラリのブロックをリストし、そのブロックに対するサポート情報を記載します。

 Additional Math and Discrete ライブラリ

 Commonly Used Blocks ライブラリ

 Continuous ライブラリ

 Discontinuities ライブラリ

 Discrete ライブラリ

 Logic and Bit Operations ライブラリ

 Lookup Tables ライブラリ

 Math Operations ライブラリ

 Model Verification ライブラリ

 Model-Wide Utilities ライブラリ

 Ports & Subsystems ライブラリ

 Signal Attributes ライブラリ

 Signal Routing ライブラリ

 Sinks ライブラリ

 Sources ライブラリ

 User-Defined Functions ライブラリ