ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Bus Assignment

指定したバス要素の置換

  • ライブラリ:
  • Simulink / Signal Routing

    HDL Coder / Signal Routing

説明

Bus Assignment ブロックは信号の値をバス要素に代入します。バス要素を選択してそれらをバスに再構築する Bus Selector ブロックと Bus Creator ブロックを追加せずに、Bus Assignment ブロックを使用してバス要素の値を変更します。

バス信号を最初の入力端子に接続します。その他の入力端子には、バス要素に代入する値をもつ 1 つ以上の信号を接続します。[ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスを使用して、値を割り当てるバス要素を指定します。これにより、ブロックは信号を割り当てるバス要素ごとに割り当て入力端子を表示します。Bus Assignment ブロックを使用するモデルの例については、バスへの信号値の代入を参照してください。

既定の設定では、Simulink®Bus Assignment の [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスの破損した選択内容を修復します。これは、上流のバス階層の変更が原因です。Simulink は、モデルが変更されたことを強調する警告を発します。Simulink がこのような修復を自動的には行わないようにするには、[モデル コンフィギュレーション パラメーター][診断][接続性] ペインでバス選択を修復診断を [修復不要のエラー] に設定します。

制限

Bus Assignment ブロックとともにバス配列を使用する際は、次の制限が適用されます。

  • バス配列であるサブバスを割り当てたり、置き換えたりすることができます。バス配列内で入れ子になっている入れ子にされたバスについては、バス配列の信号への割り当てを参照してください。

  • バス配列の信号を置き換えるには、Bus Assignment ブロックと併用するバス要素インデックスを選択するため、Selector ブロックを使用します。次に、選択したバス要素と Bus Assignment ブロックを一緒に使用します。

端子

入力

すべて展開する

入力バス信号は、バス オブジェクト、バス配列、固定小数点、列挙データ型を含む Simulink でサポートされる任意のデータ型の実数値または複素数値をもつことができます。データ型の詳細については、Simulink のSimulink でサポートされているデータ型を参照してください。

割り当て入力端子に接続される信号は、対応するバス要素と同じ構造、データ型、サンプル時間をもたなければなりません。非バーチャル バスに信号またはバスを含めるため、Rate Transition ブロックを使ってバスの個々の信号、または信号のサンプル時間を変更できます。詳細については、バーチャル バスと非バーチャル バスを参照してください。

割り当て入力端子は、バス オブジェクト、バス配列、固定小数点、列挙データ型を含む Simulink でサポートされる任意のデータ型の実数値または複素数値をもつことができる信号を受け入れることができます。Bus Assignment ブロックを使用して、バス配列に入れ子にされているバスを置き換えることはできません。データ型の詳細については、Simulink のSimulink でサポートされているデータ型を参照してください。

Bus Assignment ブロックは、バス入力端子に接続されたバスの指定要素に、割り当て入力端子に接続された信号を割り当てます。このブロックは、これらの要素に割り当て済みであった信号を置き換えます。バスの構成には影響せず、信号本体の値のみが変更されます。置き換えられない信号は、置き換えられた信号からの影響を受けません。

出力

すべて展開する

割り当てられたバス要素の値と、値を割り当てなかった入力バスのバス要素の値を含むバス。

パラメーター

すべて展開する

入力バス信号のバス要素信号のリスト。信号名の横の矢印は、入力信号がバスであることを示します。入力バス内の信号を表示するには、この矢印をクリックします。

リスト内のアイテムをクリックして、アイテムを選択します。選択した信号のソースを検出するには、[検索] をクリックします。Simulink はその信号ソースを含んでいるシステムを開き、強調表示します。現在選択されている信号を、隣の信号リストに移動して値を割り当てるには (後述の [割り当てられる信号] を参照)、[選択 >>] ボタンをクリックします。ブロックに接続したバスに修正を反映させるには、[更新] をクリックして表示を更新します。

入力信号の長いリストをフィルター処理するために使用する検索用語を指定します。検索用語は引用符で囲まないでください。フィルターは部分的な文字列検索を行います。検索用語を指定するための正規表現の使用も含め、フィルター処理オプションにアクセスするには、[名前でフィルター] エディット ボックスの右にある ボタンをクリックします。

信号名をフィルター処理するための MATLAB® 正規表現の使用を有効にします。たとえば、[名前でフィルター] エディット ボックスに「t$」と入力すると、信号名が小文字の t で終了するすべての信号 (およびその直接の親) が表示されます。詳細については、正規表現 (MATLAB)を参照してください。

依存関係

このパラメーターにアクセスするには、[名前でフィルター] エディット ボックスの右にある ボタンをクリックします。

既定の設定では、このリストは [名前でフィルター] エディット ボックスの検索テキストに基づいてフィルター処理された信号のツリー リストとして表示されます。ドット表記を使用してバス信号の階層を反映するフラット リストを使用するには、このパラメーターを選択します。

依存関係

このパラメーターにアクセスするには、[名前でフィルター] エディット ボックスの右にある ボタンをクリックします。

値を割り当てるバス要素の名前。Bus Assignment ブロックは、リストの各バス要素に対して割り当て入力端子を表示します。対応する入力端子のラベルにバスの要素名を表示します。[上][下]、または [削除] ボタンを使用して、信号の順序を変更できます。信号の順序を変更しても、端子との接続は維持されます。

入力バスに含まれるバス要素がなくなると、バス要素名の前に 3 つの疑問符 (???) が表示されます。このイベントは、Bus Assignment ブロック入力とバス要素の割り当てリストを最後に更新してから、バスが変更されたために発生します。この問題に対処するには、指定した名前の信号を含むようにバスを変更するか、値を割り当てるように指定されているバス要素のリストから名前を削除します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutputSignals
型: 文字ベクトル
値: 'signal1'|'signal2'
既定の設定: なし

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single | string

直接フィードスルー

はい

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

R2006a より前に導入