ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink 環境の基礎

対話的またはプログラムによるブロック線図の作成、ブロック ライブラリからのブロックの選択

Simulink には、カスタマイズ可能なブロック ライブラリ、対話型のモデル編集用グラフィカル エディター、プログラムによるモデル編集用 API が用意されています。

事前定義されたブロックの総合的なライブラリが、動的システムを表すモデルの作成に役立ちます。Simulink エディターを使用してライブラリからモデルにブロックを追加します。次に、信号線を使用してブロックを接続し、システム コンポーネント間の数学的な関係を構築します。モデルの外観を調整し、ユーザーがモデルと対話する方法を制御できます。