ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink

シミュレーションとモデルベース デザイン

Simulink® は、マルチドメイン シミュレーションとモデルベース デザインのためのブロック線図環境です。この環境では、システムレベル デザイン、シミュレーション、自動コード生成、組み込みシステムのテストと検証の繰り返し作業をサポートします。Simulink には、動的システムのモデル化およびシミュレーションのためのグラフィカル エディター、カスタマイズ可能なブロック ライブラリおよびソルバーが用意されています。Simulink は MATLAB® と統合化されており、モデルに MATLAB アルゴリズムを組み込み、シミュレーションの結果を MATLAB にエクスポートして詳細な解析を行うことができます。

Simulink 入門

Simulink の基礎を学ぶ

適用

特定の機能と適用を示すモデル例

Simulink 環境の基礎

対話的またはプログラムによるブロック線図の作成、ブロック ライブラリからのブロックの選択

モデル化

動的システムのモデルの設計

シミュレーション

モデルの実行、結果の確認、システム動作の検証

プロジェクト管理

プロジェクトの作成、共有モデル コンポーネントの管理、ソース管理との対話操作

ブロックのオーサリングとシミュレーションの統合

MATLAB および C/C++ コードを使用した既存の Simulink モデル化機能の拡張

サポートされるハードウェア

サードパーティ製ハードウェア (Arduino®、Raspberry Pi™ など) のサポート