Main Content

情報生命科学

生物学的データとシステムの解析、可視化、およびモデル化

MathWorks® の情報生命化学製品は、バイオインフォマティクスおよびシステム薬理学用途のさまざまな解析ワークフローを実行するためのツールを提供します。

これらのツールにより、ローカルまたはクラスター環境でのエンドツーエンドのバイオインフォマティクス解析を実行できます。アプリを使用して、統合された次世代シーケンサー (NGS) データを表示、探索し、発現変動遺伝子や特徴を特定し、NGS データからコピー数多型を見つけることができます。

統合されたアプリを使用して、またはコマンド ラインで、定量的システム薬理学 (QSP)、生理学的薬物動態学 (PBPK)、薬物動態学/薬力学 (PK/PD) 用途の動的モデルを作成および解析できます。たとえば、並列シミュレーションやパラメーター スキャンを実行して、ターゲットの実現可能性を評価したり、生物学的変動を特徴付けたりすることができます。また、ローカルおよびグローバル感度解析を用いて、主要なパラメーターを特定し、非線形回帰や混合効果の技法でモデル パラメーターを推定することもできます。そして、自動生成されたレポートや展開されたアプリケーションを使用して、作業やモデルを共有できます。

トピック

次世代シーケンサー

定量的システム薬理学

PBPK および PK/PD のモデル化