Main Content

無線通信

無線通信システムの設計、解析、テスト、および検証

無線エンジニアリング チームは、MATLAB® および Simulink® を使用して、開発時間の短縮、設計上の問題の早期解決、解析、テスト、および検証の合理化を図ることができます。これらのツールを使用して、以下を行うことができます。

  • アルゴリズムとシステム設計のコンセプトをシミュレーションと無線信号で証明する。

  • 汎用無線通信システムおよび規格に準拠したさまざまなシステムの適合性を検証するためのカスタマイズ可能な波形を生成する。

  • エンドツーエンドの通信システムのシミュレーションを実行する。

  • デジタル、RF、アンテナ素子を用いたモデルを作成して、システム動作の探索および最適化を行う。

  • プロトタイピングおよび実装用の HDL コードまたは C コードを、手動でコーディングすることなく自動生成する。

  • 無線設計、プロトタイプ、実装の反復検証用に再利用可能なゴールデン リファレンス モデルを作成する。

トピック

波形生成

AI による受信機アルゴリズムのトレーニング

RF 伝播およびチャネルのモデル化

MIMO システムにおけるビームフォーミングとビーム掃引

  • 802.11ad Waveform Generation with Beamforming (WLAN Toolbox)
    Beamform an IEEE® 802.11ad™ waveform with a phased array.
  • Massive MIMO ハイブリッド ビームフォーミング (Communications Toolbox)
    この例では、マルチユーザー システムおよびシングルユーザー システムの両方の手法を使用して、ハイブリッド ビームフォーミングが Massive MIMO 通信システムの送信端でどのように使われるかを示します。
  • NR SSB Beam Sweeping (5G Toolbox)
    Employ beam sweeping at gNB and UE and learn about beam management procedures during initial access.

トランシーバーの設計とシミュレーション

コードの生成と展開

ソフトウェア無線