Main Content

Communications Toolbox

通信システムの物理レイヤーの設計、シミュレーション、および解析

Communications Toolbox™ は、通信システムの設計、エンドツーエンド シミュレーション、解析、および検証を行うためのアルゴリズムとアプリを提供します。ツールボックスには、カスタムベースまたは標準ベースの波形を生成できるグラフィカルベースのアプリが含まれています。テスト ベクトルを作成して受信機のパフォーマンスを検証したり、波形に RF 劣化要因を追加して人工知能 (AI) アプリケーション用のデータセットを作成したりできます。ツールボックスを使用すると、伝播チャネルを統計的にモデル化したり、地形や建物を含むレイトレーシング ソリューションを使用してモデル化したりできます。チャネル劣化の影響を補正し、SDR を使用して無線 (OTA) テストで設計を検証できます。

Communications Toolbox を使用すると、アンテナから RF チェーンに至る通信リンクをモデリングしてビット処理することが容易になります (Antenna Toolbox™ および RF Blockset™ を使用)。クラウドまたはローカルのクラスターを使用して、BER シミュレーションを高速化できます (Parallel Computing Toolbox™ を使用)。ツールボックスは、AI の技術を使用して通信の問題を解決するのに役立ちます (Deep Learning Toolbox™ を使用)。

Communications Toolbox 入門

Communications Toolbox の基礎を学ぶ

PHY コンポーネント

波形生成、情報源符号化、誤差制御の符号化、変調、MIMO、空間時間符号化、フィルター処理、イコライズ、および同期を含む物理レイヤーの機能

RF 成分のモデル化

RF 無線の動作モデル化および劣化補正

伝播とチャネル モデル

サイトと地形の可視化、伝播モデル仕様 (Longley-Rice を含む)、信号強度、信号カバレッジ マップ、静的チャネル モデルとフェージング チャネル モデル

リンクレベルのシミュレーション

リンクレベルの通信システムのシミュレーションと解析の例

システムレベルのシミュレーション

DLL、MAC サブ層、LLC サブ層、およびマルチノード通信

規格準拠のシステム

さまざまな規格に準拠したシステム モデル

テストと計測

波形生成、ファイル IO 形式、可視化、および性能解析

無線用 AI

無線通信システムで機械学習、深層学習、強化学習を使用する

コード生成と展開

デスクトップおよび組み込みターゲット用のスタンドアロン アプリケーションの生成

サポートされているハードウェア – ソフトウェア無線機

サードパーティ製ソフトウェア無線ハードウェア (Xilinx®、RTL-SDR、ADALM-PLUTO、および USRP™ 無線など) のサポート