Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

システムレベルのシミュレーション

DLL、MAC サブ層、および LLC サブ層の例

データ リンク層 (DLL) は、開放型システム間相互接続 (OSI) 参照モデルの第 2 層です。DLL は、ネットワーク プロトコルのタイプを識別して、誤差制御を提供し、転送用のデータのフレームを組み立てます。DLL のメディア アクセス制御 (MAC) サブ層と論理リンク制御 (LLC) サブ層は、同じチャネルを共有する 2 つのノード間にエラーのないリンクを提供する役割を担います。OSI 参照モデルでは、DLL はネットワーク層 (第 3 層) と物理層 (第 1 層) の間に位置し、PHY 層による送信のためにデータ パケットを組み立てます。

この節に示す例は、システムレベル リンクにおける DLL 層の処理を示しています。

注目の例