Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

PHY コンポーネント

波形生成、情報源符号化、誤差制御の符号化、変調、MIMO、空間時間符号化、フィルター処理、イコライズ、および同期を含む物理層の機能

Communications Toolbox™ 低水準関数は、物理層 (PHY) 処理連鎖のコンポーネントをモデル化します。通信システムのリンクを作成および特徴付ける場合は、これらの機能を使用します。

  • ソースとシンク
    入力信号、出力信号およびシーケンス
  • Source Coding
    信号の処理形式への変換
  • 誤りの検出と訂正
    CRC 符号とブロックおよび畳み込みチャネル符号化
  • 信号処理
    スクランブル、パンクチャ、インターレース、ビットと小数間での変換、および遅延管理
  • インターリーブ
    ブロックおよび畳み込みインターリーブ
  • 変調
    アナログおよびデジタル変調
  • MIMO
    OSTBC、球面復号化、および Massive MIMO
  • Filtering
    フィルター処理とパルス整形
  • イコライズ
    適応および MLSE イコライザー
  • 同期と受信機の設計
    搬送周波数と位相の再生、タイミング周波数と位相の再生、AGC、I/Q 不均衡の補正、および位相同期回路