最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

信号処理

スクランブル、パンクチャ、遅延管理およびビット演算

Communications Toolbox™ を使用すると、データの信号とブロックにビット演算を実行できます。

関数

bi2deバイナリ ベクトルの 10 進数変換
de2bi10 進数のバイナリ ベクトル変換
hex2poly16 進数文字ベクトルからバイナリ係数への変換。
oct2poly8 進数からバイナリ係数への変換
alignsignals最初の信号の遅延による 2 つの信号の整列
finddelay信号間の遅延の推定
bin2gray正の整数から対応するグレイ符号化された整数への変換
gray2binグレイ符号化された正の整数を対応するグレイ復号化された整数に変換
vec2matベクトルから行列への変換

オブジェクト

comm.Descrambler入力信号のデスクランブル
comm.Scrambler入力信号のスクランブル

ブロック

Deinterlacer2 つの出力ベクトル間に入力ベクトルの要素を交互に配布する
Derepeat連続するサンプルを平均化することで、サンプリング レートを低減
Descrambler入力信号のデスクランブル
Find Delay2 つの信号間の遅延を検出
Insert Zero入力要素の出力ベクトルへの分散
Interlacer2 つの入力ベクトルの要素の交互選択による出力ベクトルの生成
Puncture2 進パンクチャ ベクトルの 1 に相当する出力要素
Scrambler入力信号のスクランブル
Bit to Integer Converterビットのベクトルを対応する整数のベクトルに割り当てる
Integer to Bit Converter整数ベクトルからビット ベクトルへのマップ

トピック

符号化およびフィルター処理した信号の遅延検出

畳み込み符号化とフィルター処理を行ったリンクの遅延を特定します。

遅延

マルチレート モデルおよび複数遅延をもつモデルでの遅延の計算。

行列、ベクトル、およびスカラー

Simulink® は行列信号、1 次元配列、サンプルベース処理、およびフレームベース処理をサポートしています。

浮動小数点データ型と固定小数点データ型

通信ブロックの入力と出力では、各種のデータ型がサポートされています。