最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

誤りの検出と訂正

チャネル符号化: ブロック、ハミング、BCH、リード・ソロモン、LDPC、畳み込み、CRC

Communications Toolbox™ には、MATLAB® と Simulink® のいずれかを使用して、データのブロック符号化および復号化を行うためのツールが用意されています。誤り制御符号化の詳細については、誤りの検出と訂正を参照してください。

概要トピック
  • 巡回冗長検査符号化
    巡回冗長検査、ジェネレーター、シンドローム、CRC-N 発生器、CRC-N シンドローム
  • ブロック符号化
    線形ブロック符号、BCH、リード・ソロモン、LDPC、TPC
  • 畳み込み符号化
    畳み込みおよびターボ符号化と復号化、APP、事後確率、ビタビ、2 進数、8 進数またはトレリスの変換
  • ガロア体
    有限体の元の取り扱い