最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

TPC Encoder

ターボ積符号 (TPC) 符号化器

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Error Detection and Correction / ブロック

説明

TPC Encoder ブロックは、入力メッセージの 2 次元ターボ積符号 (TPC) エンコードを実行します。積符号は線形ブロック符号の 2 次元の連結です。線形ブロック符号は、2 つの誤りを訂正できるパリティ チェック符号、ハミング符号、または BCH 符号の可能性があります。拡張符号と短縮符号は、各次元で独立して適用することができます。2 次元 TPC 符号化の詳細については、アルゴリズムを参照してください。

有効な符号ペアと各符号ペアの誤り訂正能力の詳細については、コンポーネント符号ペアを参照してください。

端子

入力

すべて展開する

符号化する入力メッセージ ビット。列ベクトルとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | boolean

出力

すべて展開する

TPC 符号化されたメッセージ。入力信号と同じデータ型の列ベクトルとして返されます。

パラメーター

すべて展開する

行の TPC パラメーター

積の符号行列 NR の行数。整数値の一覧は、Extended codes, Extended codesExtended codesExtended codes の設定によって異なります。

短縮メッセージ行列 SR の行数。KR 以下の整数として指定します。このパラメーターを指定する場合は、フルレングスの NR および KR の値を入力して (NR,KR) 符号ペアを指定します。この符号ペアは、(NR–KR+SR,SR) 符号ペアに短縮されます。ここで、

依存関係

このパラメーターを有効にするには、Specify shortened message length, Specify shortened message lengthSpecify shortened message lengthSpecify shortened message length を選択します。

データ型: double

列の TPC パラメーター

積の符号行列 NC の列数。整数値の一覧は、Extended codes, Extended codesExtended codesExtended codes の設定によって異なります。

短縮メッセージ行列 SC の列数。整数として指定します。このパラメーターを指定する場合は、フルレングスの NC および KC の値を入力して (NC,KC) 符号ペアを指定します。この符号ペアは、(NC–KC+SC, SC) 符号ペアに短縮されます。ここで、

依存関係

このパラメーターを有効にするには、Specify shortened message length, Specify shortened message lengthSpecify shortened message lengthSpecify shortened message length を選択します。

データ型: double

実行するシミュレーションのタイプ。[コード生成] または [インタープリター型実行] として指定します。

  • コード生成 –– 生成された C コードを使用してモデルをシミュレートします。シミュレーションの初回実行時、Simulink® は対象ブロックの C コードを生成します。この C コードは、モデルが変更されない限り以降のシミュレーションで再利用されます。このオプションを使用すると、シミュレーションの起動時間は長くなりますが、以降のシミュレーションの速度は [インタープリター型実行] よりも速くなります。

  • インタープリター型実行 –– MATLAB® インタープリターを使用してモデルをシミュレートします。このオプションを使用すると、[コード生成] 方式よりも必要な起動時間が短縮されますが、以降のシミュレーションの速度が遅くなります。このモードで、ブロックのソース コードをデバッグできます。

ブロックの特性

データ型

boolean | double | 整数 | single

多次元信号

no

可変サイズの信号

no

詳細

すべて展開する

アルゴリズム

ターボ積符号 (TPC) は、前方誤り訂正 (FEC) コードとして使用される連結コードの形式です。組織線形ブロック符号などの 2 つ以上のコンポーネント ブロック コードは、TPC を構築するために使用されます。この符号化器は、2 つの線形ブロック符号を使用して、[1]で説明されている 2 次元積符号の符号化を実装します。

 フルレングスのメッセージの積符号の構築

 短縮形のメッセージの積符号の構築

参照

[1] Pyndiah, R. M. "Near-Optimum Decoding of Product Codes: Block Turbo Codes." IEEE Transactions on Communications. Vol. 46, Number 8, August 1998, pp. 1003–1010.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

ブロック

関数

R2018b で導入