最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Communications Toolbox

通信システムの物理層の設計とシミュレーション

Communications Toolbox™ は、通信システムの解析、設計、エンドツーエンド シミュレーションおよび検証を行うためのアルゴリズムとアプリを提供します。チャネル符号化、変調、MIMO、OFDM などのツールボックスのアルゴリズムを使用すると、規格ベースまたはカスタム設計の無線通信システムの物理層モデルを構成してシミュレートすることができます。

このツールボックスは、設計の検証用に、波形発生器アプリ、コンスタレーションとアイ ダイアグラム、ビット誤り率、その他の解析ツールとスコープを備えています。これらのツールにより、信号の生成と解析、チャネル特性の可視化およびエラー ベクトル振幅 (EVM) などのパフォーマンス判定基準の入手が可能になります。このツールボックスには、SISO および MIMO の統計モデルと空間チャネル モデルが含まれています。チャネル プロファイルのオプションには、レイリー、ライス、および WINNER II モデルが含まれています。また、RF 非線形性と搬送波オフセットを含む RF 損失と、搬送波とシンボル タイミングの同期装置を含む補償アルゴリズムも含まれています。これらのアルゴリズムにより、リンクレベルの仕様を写実的にモデル化し、チャネル劣化の影響を補正できます。

Communications Toolbox を RF 機器またはハードウェア サポート パッケージと共に使用すると、送信機と受信機のモデルを無線デバイスに接続し、無線テストで設計を検証できます。

Communications Toolbox 入門

Communications Toolbox の基礎を学ぶ

PHY サブコンポーネント

波形生成、変調、誤差制御の符号化、フィルター処理、同期、イコライズ、MIMO を含む物理層サブコンポーネント

RF のモデル化

RF 無線の動作モデル化

伝播チャネル モデル

AWGN、SISO および MIMO フェージング チャネル、WINNER II、およびパス損失モデル

測定、可視化および解析

グラフィカルな解析と定量解析

エンドツーエンドのシミュレーション

リンクレベルの BER のサブコンポーネントの積分

MAC のモデル化

データ リンク層、メディア アクセス制御 (MAC) サブ層、論理リンク制御サブ層の機能と例

規格準拠のシステム

Bluetooth®、3G、MIL-STD-188、テレビ、NFC、ZigBee®、FM、P.25、FRS/GMRS、WLAN、WMAN、ADS-B、AIS、AMR モデルの開発のための関数と例

コード生成と配布

デスクトップおよび組み込みターゲット用のスタンドアロン アプリケーションの生成

GPU を使ったシミュレーションの高速化

ターボ、LDPC、ビタビ、畳み込み符号化

ソフトウェア無線 (SDR)

Communications Toolbox を使用して無線信号を処理できます。

サポートされているハードウェア

Communications Toolbox、ダウンロード可能なハードウェア サポート パッケージ、およびハードウェアを使用して、MATLAB® および Simulink® で実際のソフトウェア無線機 (SDR) システムを設計および検証できます。