Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

RF 成分のモデル化

RF 無線の動作モデル化および損失補正

RF 損失および補正を適用します。増幅器、混合器、デジタル プリディストーション (DPD) を含む RF フロントエンド設計をモデル化します。

アプリ

無線波形発生器変調された波形の作成、損失の追加、可視化、およびエクスポート

関数

すべて展開する

fspl自由空間パス損失
frequencyOffsetApply frequency offset to input signal
iqimbal入力信号への I/Q 不均衡の適用
iqcoef2imbal補償器係数の、振幅と位相の不均衡への変換
iqimbal2coefI/Q 不均衡の補償器係数への変換
plotPhaseNoiseFilterPhase Noise ブロックのフィルター応答のプロット

オブジェクト

すべて展開する

comm.MemorylessNonlinearity複素ベースバンド信号への無記憶非線形性の適用
comm.MultibandCombinerFrequency-shift and combine signals
comm.PhaseFrequencyOffset位相と周波数オフセットを入力信号に適用
comm.PhaseNoise位相ノイズをベースバンド信号に適用する
comm.SampleRateOffsetApply sample rate offset to signal
comm.ThermalNoise信号への熱ノイズの付加
comm.AGC一定の信号レベル出力を得るために適応的にゲインを調整する
comm.CoarseFrequencyCompensatorPAM、PSK、または QAM 信号の周波数オフセットの補正
dsp.DCBlocker入力信号の DC 成分 (オフセット) のブロック
comm.DPDデジタル プリディストーター
comm.DPDCoefficientEstimatorデジタル プリディストーションに用いるメモリ多項式の係数の推定
comm.IQImbalanceCompensatorI/Q 不均衡の補正

ブロック

すべて展開する

Amplifierノイズと非直線性のある増幅器の複素ベースバンド モデル
Complex Phase Difference2 つの複素信号間の位相差
Complex Phase Shift複素信号への複素位相シフトの適用
Free Space Path Loss複素信号への自由空間パス損失の適用
I/Q Imbalance複素信号への I/Q 不均衡の適用
Memoryless Nonlinearity複素ベースバンド信号への無記憶非線形性の適用
Multiband CombinerFrequency-shift and combine signals
Phase/Frequency Offset位相と周波数のオフセットを複素ベースバンド信号に適用する
Phase Noise受信側の位相ノイズの複素ベースバンド信号への適用
Receiver Thermal Noise複素信号への受信機の熱ノイズの適用
AGCAdaptively adjust gain for constant signal-level output
Coarse Frequency CompensatorPAM、PSK または QAM の搬送周波数オフセットの補正
DC BlockerBlock DC component
DPDデジタル プリディストーター
DPD Coefficient Estimatorデジタル プリディストーションに用いるメモリ多項式の係数の推定
I/Q Compensator Coefficient to Imbalance補償器係数を振幅と位相の不均衡に変換
I/Q Imbalance Compensator 同相成分と直交成分の間の不均衡の補正
I/Q Imbalance to Compensator Coefficient振幅と位相の不均衡を I/Q 補正器係数に変換
Complex Phase Difference2 つの複素信号間の位相差
Complex Phase Shift複素信号への複素位相シフトの適用

トピック