Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

plotPhaseNoiseFilter

Phase Noise ブロックのフィルター応答のプロット

説明

plotPhaseNoiseFilter(blockname) は、変数 blockname で指定される Phase Noise ブロックに関連付けられた位相ノイズ フィルター ブロックの応答をプロットします。

すべて折りたたむ

次の例では、関数 plotPhaseNoiseFilter を使用して Simulink モデルの Phase Noise ブロックのフィルター応答を表示する方法を示します。

Phase Noiseブロックを含む Simulink モデルを読み込みます。load_system (Simulink)コマンドは、モデル ウィンドウを表示せずにモデルをメモリに読み込みます。この関数は、ウィンドウが表示されているモデルにも機能しますslex_phasenoise の例には、Phase Noise ブロックが含まれます。

load_system('slex_phasenoise')

関数 plotPhaseNoiseFilter を実行して、Phase Noise ブロックのフィルター応答を表示します。

plotPhaseNoiseFilter('slex_phasenoise/Phase Noise')

入力引数

すべて折りたたむ

Simulink モデル内の Phase Noise ブロックの名前

例: plotPhaseNoiseFilter('Model Name/Phase Noise')

データ型: char

R2014b で導入