ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink

シミュレーションとモデルベース デザイン

Simulink® は、マルチドメイン シミュレーションとモデルベース デザインのためのブロック線図環境です。この環境では、システムレベル デザイン、シミュレーション、自動コード生成、組み込みシステムのテストと検証の繰り返し作業をサポートします。Simulink には、動的システムのモデル化およびシミュレーションのためのグラフィカル エディター、カスタマイズ可能なブロック ライブラリおよびソルバーが用意されています。Simulink は MATLAB® と統合化されており、モデルに MATLAB アルゴリズムを組み込み、シミュレーションの結果を MATLAB にエクスポートして詳細な解析を行うことができます。

Simulink 入門

Simulink の基礎を学ぶ

適用

特定の機能と適用を示すモデル例

モデル化

時変システムのモデルの設計

シミュレーション

システムの実行、結果の検討、システム動作の検証

パフォーマンス

特定の目標のためのパフォーマンスの最適化、シミュレーション速度の向上、および効率的なモデルの設計

コンポーネントベースのモデル化

大規模なモデル化のためのモデル アーキテクチャ、コンポーネントの再利用およびチーム ベースのプロジェクト

モデリング ガイドライン

モデル アーキテクチャ、設計、コンフィギュレーションに対するアプリケーション固有のガイドライン

ブロックの作成

MATLAB、C/C++、および Fortran コードを使用して既存の Simulink モデル化機能を拡張

サポートされるハードウェア

サードパーティ製ハードウェア (Arduino®、Raspberry Pi™、BeagleBoard ボードなど) のサポート