ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル化

動的システムのモデルの設計

Simulink® を使用して、ブロック線図を使用してアルゴリズムと物理システムをモデル化します。摩擦、ギヤのすべり量、ハード ストップなどの実世界の現象を考慮した線形システムと非線形システムをモデル化できます。

ブロックのグループを整理してサブシステムにすることで、モデルを階層化するように設計できます。この方法を使用すると、実際のシステムを反映した離散コンポーネントを作成してそれらのコンポーネントの相互作用をシミュレートできます。

システム設計要件を早期に検討することで、設計プロセスの後の方になってから見つかるエラー数を削減できます。反復設計の詳細については、基本的なモデル化のワークフローを参照してください。

モデルベース デザインでは、装置の開発から設計、実装、テストまで、システム モデルが開発過程の中心となる Simulink を使用します。

注目の例