Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル データの管理

変数を使用することで、複数のブロックまたはモデルで使用されるパラメーター値を定義できます。パラメーターの各インスタンスで数値パラメーターの値を個別に更新すると、非効率になり、エラーが発生しやすくなる可能性があります。変数の値は、ワークスペースや変数を定義するソース ファイルで更新することができます。こうした情報のソースを 1 つにすることで、モデル コンポーネントのスケーラビリティと再利用性を高めることができます。

値の範囲、データ型、調整可能性、および信号、状態、ブロック パラメーターのその他の特性を指定するには、Simulink.Parameter オブジェクトと Simulink.Signal オブジェクトを使用できます。変数またはオブジェクトを使用してパラメーター値を指定できますが、簡単にするために、この例では変数を使用します。

サポートしている次のファイル タイプを使用することで、変数を定義できます。

  • MAT ファイル

  • MATLAB ファイル

  • データ ディクショナリ

小規模モデルのデータを読み込むには、モデルのコールバックを使用できます。大規模なモデル階層では、別の読み込みメソッドの方が効率的です。

モデル ex_modeling_data では、PreLoadFcn モデル コールバックによって MATLAB ファイル ex_modeling_data_variables.m が評価され、変数 $k$$c$ および $m$ がベース ワークスペースで定義されます。機械システムの Gain ブロックとコントローラーの PID Controller ブロックでは、これらの変数が使用されます。

MATLAB® コマンド プロンプトで変数の値を対話的に変更できます。モデル データ エディターのようなツールを使用して、値を編集することもできます。

関連するトピック