ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデルのコンポーネント

さまざまなモデル コンポーネント タイプを使用する状況を学ぶ

コンポーネントベースのモデル化により、効率的で堅牢なシステム開発が実現し、共同作業が促進され、検証ワークフローが改善されます。大規模なシステムでは以下のモデル コンポーネントの組み合わせを使用します。

  • サブシステム — モデル ファイル内でビジュアル コンポーネントまたは機能的コンポーネントを作成できる

  • リンク付きブロック — 親ライブラリ ファイルでほとんど変化しないブロックとコンテンツを一致させる

  • モデル参照 — 親モデル連動する独立したファイルとして参照モデルを実行する

モデル コンポーネントを使用したモデルの拡張を示す例については、基本的なモデル化のワークフローを参照してください。

ブロック

Subsystemモデルの階層構造を作成するためのブロックのグループ化
Modelモデル階層の作成のための別のモデルの参照
Variant Subsystem, Variant Modelバリアントの選択として Subsystem ブロックまたは Model ブロックが含まれているテンプレート サブシステム

トピック

モデルのコンポーネントの選択

コンポーネントベースのモデル化のガイドライン

大規模モデルおよびマルチユーザー開発チーム向けのモデル コンポーネントを定義する。

インターフェイス設計

モデル コンポーネント間のインターフェイスを定義します。

モデル コンポーネントの機能

モデルを独立して機能するパーツに整理。

モデル コンポーネントの開発

基本的なモデル化のワークフロー

単純な機械システムをモデル化してから、協調的なコンポーネントベースのモデリング プロジェクト向けにモデルをスケーリングします。

モデル コンポーネントとの連携

モデル コンポーネントの内容のプレビュー

ブロックの表面にブロックの内容を表示する

モデルの階層構造の移動

サブシステムおよび参照モデルのモデルの階層構造の移動。