Main Content

カスタム ライブラリ

ブロックとサブシステムの再利用可能なライブラリ

"ブロック ライブラリ" は、Simulink® モデルで使用できるブロックの集まりです。組み込みの Simulink ライブラリからブロックのインスタンスを作成したり、作成するブロックのインスタンスに対するカスタム ライブラリを作成したりできます。

組み込みのライブラリには Simulink ライブラリ ブラウザーからアクセスできます。ただし、これらのライブラリは変更できません。組み込みライブラリの詳細については、ブロック ライブラリを参照してください。他のユーザーがカスタム ブロックを作成できるように、独自のブロック ライブラリを作成して、それをライブラリ ブラウザーに追加できます。

独自のライブラリの作成は、以下の場合に便利なコンポーネント化手法です。

  • 頻繁に使用し、変更はあまり行わないモデル化ユーティリティを提供する

  • 1 つのモデルまたは複数のモデル内でコンポーネントを再利用する

カスタム ライブラリの使用とその他の Simulink コンポーネント化手法との比較の方法については、コンポーネントベースのモデル化のガイドラインを参照してください。

カスタム ライブラリからモデルにブロックを追加する場合、追加するブロックは "リンク付きブロック" となります。リンク付きブロックは "ライブラリ リンク" を介してライブラリ ブロックに接続します。ライブラリ ブロックは "プロトタイプ ブロック" で、モデルのリンク付きブロックはライブラリ ブロックの "インスタンス" です。

リンク付きブロックはライブラリ ブロックのように表示され、動作します。ただし、ライブラリ ブロックを変更する場合、そのインスタンス上でリンクを更新しなければなりません。また、インスタンスに変更を加えるには、追加のステップが必要になることもあります。リンク付きブロックの動作の詳細については、リンク付きブロックを参照してください。

ブロック

Subsystemモデルの階層構造を作成するためのブロックのグループ化

関数

libinfoモデルにより参照されるライブラリ ブロックに関する情報を取得
gcb現在のブロックのパス名を取得
gcbh現在のブロックのハンドルを取得

ツール

ライブラリ ブラウザーブロックを検索してモデルに追加する

オブジェクト

LibraryBrowser.LBStandaloneSimulink ライブラリ ブラウザーの表示、非表示、サイズおよび位置

トピック

ライブラリ ブラウザー

ライブラリ リンク