Main Content

関連付けられていないライブラリ リンクの修正

Simulink® がリンク付きブロックの更新中に、MATLAB® パスでライブラリ ブロックまたはソース ライブラリを見つけることができないと、リンクは関連付けられていない状態になります。Simulink ではこれらのブロックの表示が変わります。

The block icon indicates that the library is not found.

不足している製品のインストール

Simulink で、モデルで実行する必要のある、不足している製品の検出とインストールを行うことができます。

  • ブロックに不足している製品のラベルが付いている ([SimEvents がインストールされていません。] など)。

  • ツールヒントに不足している製品の名前が含まれる。

  • 診断メッセージに、アドオン エクスプローラーを開いて不足している製品をインストールするリンクが示される。

  • ブロックをダブルクリックしたときに、ダイアログ ボックスに、アドオン エクスプローラーを開いて不足している製品をインストールするリンクが示される。

The block icon, tooltip, diagnostic messages, and dialog box describe the missing product.

ソース ブロックへのパスの関連付け

Simulink でライブラリを見つけることができない場合、次のいずれかの方法を使用して関連付けられていないリンクを修正できます。

  • ライブラリ ブロックの正しい場所を示すように参照を修正します。ブロックをダブルクリックしてダイアログ ボックスを開きます。その後、[ソース ブロック] テキスト ボックスでライブラリ ブロックのパスを修正し、[OK] をクリックします。

  • 関連付けられていないリンク付きブロックを削除し、ライブラリ ブロックをユーザーのモデル内にコピーして戻します。

  • 必要なライブラリが含まれているフォルダーを MATLAB パスに追加します。その後、[モデル化] タブで [モデルの更新] をクリックします。

The block icon, tooltip, diagnostic message, and dialog box describe the failure to load the library.

カスタム ライブラリの関連付けられていないブロックについての詳細の指定

カスタム ライブラリに関連付けられていないリンクについてのダイアログ ボックスに表示される説明をカスタマイズできます。関数 set_param を使用してライブラリの libraryinfo プロパティを設定します。たとえば、次のコマンドは、説明に URL を含めるようにカスタマイズします。

set_param(library1,'libraryinfo','https://www.mathworks.com');
ここで、library1 は説明を変更するライブラリの名前、libraryinfo は関連付けられていないリンクの説明を与えるプロパティです。

関連するトピック