Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

関連付けられていないライブラリ リンクの修正

Simulink® がリンク付きブロックの更新中に、MATLAB® パスでライブラリ ブロックまたはソース ライブラリを見つけることができないと、リンクは関連付けられていない状態になります。Simulink ではこれらのブロックの表示が変わります。

Simulink によって、モデルで実行する必要のある、不足している製品の検出とインストールが行われます。不足している製品からの組み込みブロックまたはライブラリ リンクが含まれるモデルを開くと、問題の修正に役立つラベルとリンクが表示されます。

  • ブロックに不足している製品のラベルが付いている ([SimEvents がインストールされていません。] など)

  • ツールヒントに不足している製品の名前が含まれる

  • メッセージに、アドオン エクスプローラーを開いて不足している製品をインストールするリンクが示される

関連付けられていないライブラリ リンクのブロックをダブルクリックすると詳細が表示されます。リンクをクリックしてアドオン エクスプローラーを開き、製品をインストールします。

関連付けられていないリンクを修正するには、以下のようにします。

  • 関連付けられていないブロックをダブルクリックしてダイアログ ボックスを開きます (Unresolved Link ブロック リファレンス ページを参照)。製品が不足している場合は、リンクをクリックしてアドオン エクスプローラーを開き、製品をインストールします。あるいは、[ソース ブロック] フィールドでパス名を修正し、[OK] をクリックします。

  • 関連付けられていないリンク付きブロックを削除し、ライブラリ ブロックをユーザーのモデル内にコピーして戻します。

  • 必要なライブラリが含まれているフォルダーを MATLAB パスに追加し、[モデル化] タブで [モデルの更新] をクリックします。

参考

関連するトピック