ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル アーキテクチャの設計

モデルまたはチーム間で共有する独立したコンポーネントの作成、モデル階層構造による視覚的な複雑度の緩和

Simulink® を使用すると、コンポーネントベースのモデル化とモジュール設計を容易に実行できます。モデルを設計コンポーネントにセグメント化してから、各コンポーネントを個別にモデル化、シミュレート、検証できます。個々のコンポーネントはサブシステムとしてライブラリに保存したり、個別のモデルとして保存したりできます。チーム メンバーはこれらのコンポーネントを並列して作業できます。

モデルを階層的コンポーネントに整理すると、可読性、トレーサビリティ、再利用性を向上すると同時に、同時開発と単体テストを実行できます。実際のシステムを再現するには、自己完結したシステム機能に基づいてコンポーネントを定義します。

  • モデルのコンポーネント
    さまざまなモデル コンポーネント タイプを使用する状況を学ぶ
  • サブシステム
    機能的なサブシステムへのブロックのグループ化、モデル階層構造の作成
  • ライブラリ
    ブロックとサブシステムの再利用可能なライブラリ
  • モデル参照
    モデルを別のモデルでブロックとして再利用
  • バリアント システム
    異なる仕様をサポートするカスタム モデルのバージョンを作成して重複を避ける
  • データ ストア
    異なるモデル レベルの複数の信号に対しグローバル値を定義
  • 合成信号
    バスなどの合成信号を使用して信号をグループ化し、モデルの複雑度を緩和