Main Content

モデル参照

モデルを別のモデルでブロックとして再利用

"モデル参照" は、Model ブロックを使用する別のモデルへの参照です。これらの参照は、モデルの階層構造を作成します。各参照モデルには、その入力と出力のプロパティを指定する定義済みのインターフェイスがあります。定義済みのインターフェイスにより、参照モデルの動作がモデルの階層構造のコンテキストから独立します。モデル参照は、コードの再利用、単体テスト、並列ビルド、大きなコンポーネントに最適です。また、ファイル競合とマージの問題も削減できます。

参照モデルがモデル化要件を満たすかどうかを判断するには、コンポーネントベースのモデル化のガイドラインを参照してください。

モデル参照階層のコード生成の詳細については、参照モデル (Simulink Coder)を参照してください。

保護モデルを作成するには、モデルの保護 (Simulink Coder)を参照してください。

モデル参照階層の SIL/PIL テストを実行する場合は、SIL シミュレーションおよび PIL シミュレーション (Embedded Coder)を参照してください。

ブロック

Modelモデル階層の作成のための別のモデルの参照
Variant ModelTemplate subsystem containing Subsystem, Model, or Subsystem Reference blocks as variant choices

関数

すべて展開する

depviewライブラリの依存関係がある場合とない場合の依存関係を参照するモデルの解析と可視化
find_mdlrefsモデルの階層構造内の参照モデルと Model ブロックの検索
pathsToReferencedModelModel hierarchy path composed of referenced models and Model blocks (R2023b 以降)
Simulink.BlockDiagram.refreshBlocksUpdate variants, linked blocks, and model references to reflect changes (R2023a 以降)
Simulink.BlockPath完全に指定された Simulink ブロック パス
Simulink.fileGenControlブロック線図の更新やモデルのビルドによって生成されたファイルのルート フォルダーを指定
Simulink.ModelReference.refreshModel ブロックを強制的に更新して参照モデルへの変更を反映 (R2020a 以降)
Simulink.SubSystem.convertToModelReferenceサブシステムからモデル参照への変換
slbuildモデルのスタンドアロン実行可能ファイルまたはモデル参照ターゲットのビルド
slxcinfoSimulink キャッシュ ファイルの内容をクエリする (R2020b 以降)
slxcunpackSimulink キャッシュ ファイルからシミュレーション ターゲットとコード生成ターゲットをアンパックする (R2020b 以降)
Simulink.ProtectedModel.createHarness保護モデルのテスト用に分離された環境を提供するハーネス モデルの作成 (R2020b 以降)
Simulink.ProtectedModel.getPublisher保護モデルに署名したパブリッシャーについて情報を返す (R2020a 以降)
Simulink.ProtectedModel.verifySignature保護モデルのデジタル署名の検証 (R2020a 以降)
Simulink.ProtectedModel.suppressSignatureVerification保護モデルのデジタル署名の検証を抑制 (R2020b 以降)

モデル設定

すべて展開する

リビルドモデル参照ターゲットのリビルドを条件付きで行うか、常に行うか、行わないかを指定するオプション
リビルドの診断をしないDiagnostic action to take when model reference target must be rebuilt
並列モデルの参照ビルドを有効化Option to build a model reference hierarchy in parallel whenever possible
ビルドに対する MATLAB ワーカー初期化Options for how to initialize MATLAB workers for parallel builds
参照モデルの厳密なスケジューリング チェックを有効にするOption to check consistency of scheduling and sample time in referenced models
最上位モデルごとに可能なインスタンスの総数別のモデルで発生できるこのモデルへの参照の数
可変サイズの信号のサイズを伝播Option to specify how variable-size signals propagate through referenced models
代数ループの発生の最小化参照モデルに関連する疑似代数ループの削除を試みるオプション
すべての信号ラベルをモデルから伝播Option to pass propagated signal names out of referenced model
モデルの参照時にローカル ソルバーを使用Option to use local solver for referenced model (R2022a 以降)
モデルの依存関係User-created files and data that potentially impact simulation results
並列プールの整合性チェックを実行Option to perform checks on parallel pool before starting parallel build (R2021a 以降)
参照モデルにカスタム コードを含めるOption to use custom code in model reference simulation target
コード生成で固定サイズのスカラーのルート入力を値渡しで行うOption to pass scalar input to model by reference or value
Model ブロック バージョンの不一致Model ブロックが参照モデルの現在のバージョンを表していないときに行う診断アクション
端子とパラメーターの不一致Diagnostic action to take when port or parameter does not match between Model block and referenced model
サポートされないデータログDiagnostic action to take when data logging is unsupported
モデル引数に明示的な最終値がない最上位モデルの参照で既定値になっているモデル引数に対して行う診断アクション (R2020b 以降)

ツール

モデル参照変換アドバイザーサブシステムから参照モデルへの変換
[参照ファイル] ペイン参照サブシステムとモデルを表示、保存、閉じる (R2020b 以降)

トピック

モデルを参照するタイミングの決定

  • コンポーネントベースのモデル化のガイドライン
    大規模モデルおよびマルチユーザー開発チームのためのコンポーネント化について考える。
  • モデル参照の基礎
    別のモデル上の 1 つのモデルを参照することで、モデルの階層構造を作成する。参照モデルには、1 つのユニットとして一緒に実行されるブロックが含まれる。
  • モデル参照の要件と制限
    モデル参照には、再利用性、シミュレーション モード、マスキング、デバッグなどの機能に関連する要件と制限がある。

モデル参照の作成

モデル参照の設定

モデルの階層構造のシミュレーション