Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル参照

モデルを別のモデルでブロックとして再利用

Model ブロックを使用してモデルを別のモデルに含めることができます。Model ブロックの各インスタンスは "モデル参照" になります。シミュレーションとコード生成では、"参照モデル" 内のブロックが 1 つのユニットとして一緒に実行されます。参照モデルを含むモデルは "親モデル" になります。親モデルと参照モデルの集合は "モデルの階層構造" を形成します。

サブシステムと同様に、モデル参照を利用すると大規模なモデルを階層的に構成できます。ライブラリと同様に、モデル参照を利用すると、ブロックのセットを一度定義し、それを繰り返し使用することができます。モデル参照には、サブシステムやライブラリにはない利点がいくつかあります。以下の利点のいくつかは、Model ブロックのコンテキストとは独立して参照モデルをコンパイルできることによるものです。

  • モジュール開発

  • モデルの保護

  • 参照による使用

  • インクリメンタルな読み込み処理

  • アクセラレータ シミュレーション

  • インクリメンタルなコード生成

  • 独立したコンフィギュレーション セット

ブロック

Modelモデル階層の作成のための別のモデルの参照
Variant Subsystem, Variant Modelバリアントの選択として Subsystem ブロック、Model ブロック、または Subsystem Reference ブロックが含まれているテンプレート サブシステム

関数

すべて展開する

depviewライブラリの依存関係がある場合とない場合の依存関係を参照するモデルの解析と可視化
find_mdlrefsモデルの階層構造内の参照モデルと Model ブロックの検索
Simulink.BlockPath完全に指定された Simulink ブロック パス
Simulink.fileGenControlブロック線図の更新やモデルのビルドによって生成されたファイルのルート フォルダーを指定
Simulink.ModelReference.refreshModel ブロックの更新による参照モデルの変更の反映
Simulink.SubSystem.convertToModelReferenceサブシステムからモデル参照への変換
slbuildモデルのスタンドアロン実行可能ファイルまたはモデル参照ターゲットのビルド
slxcinfoSimulink キャッシュ ファイルの内容をクエリする
slxcunpackSimulink キャッシュ ファイルからシミュレーション ターゲットとコード生成ターゲットをアンパックする
Simulink.ProtectedModel.createHarness保護モデルのテスト用に分離された環境を提供するハーネス モデルの作成
Simulink.ProtectedModel.getPublisher保護モデルに署名したパブリッシャーについて情報を返す
Simulink.ProtectedModel.verifySignature保護モデルのデジタル署名の検証
Simulink.ProtectedModel.suppressSignatureVerification保護モデルのデジタル署名の検証を抑制

ツール

モデル参照変換アドバイザーサブシステムから参照モデルへの変換
[参照ファイル] ペイン参照サブシステムとモデルを表示、保存、閉じる

トピック

モデルを参照するタイミングの決定

  • モデル参照の基礎
    別のモデル上の 1 つのモデルを参照することで、モデルの階層構造を作成する。参照モデルには、1 つのユニットとして一緒に実行されるブロックが含まれる。
  • コンポーネントベースのモデル化のガイドライン
    大規模モデルおよびマルチユーザー開発チームのためのコンポーネント化について考える。
  • モデル参照の要件と制限
    モデル参照には、再利用性、シミュレーション モード、マスキング、デバッグなどの機能に関連する要件と制限がある。

モデル参照の作成

モデル参照の設定

モデルの階層構造のシミュレーション