最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル参照

モデルを別のモデルでブロックとして再利用

Model ブロックを使用してモデルを別のモデルに含めることができます。Model ブロックの各インスタンスは "モデル参照" になります。シミュレーションとコード生成では、"参照モデル" 内のブロックが 1 つのユニットとして一緒に実行されます。参照モデルを含むモデルは "親モデル" になります。親モデルと参照モデルの集合は "モデルの階層構造" を形成します。

サブシステムと同様に、モデル参照を利用すると大規模なモデルを階層的に構成できます。ライブラリと同様に、モデル参照を利用すると、ブロックのセットを一度定義し、それを繰り返し使用することができます。モデル参照には、サブシステムやライブラリにはない利点がいくつかあります。以下の利点のいくつかは、Model ブロックのコンテキストとは独立して参照モデルをコンパイルできることによるものです。

  • モジュール開発

  • モデルの保護

  • 参照による使用

  • インクリメンタルな読み込み処理

  • アクセラレータ シミュレーション

  • インクリメンタルなコード生成

  • 独立したコンフィギュレーション セット

ブロック

Modelモデル階層の作成のための別のモデルの参照
Variant Subsystem, Variant Modelバリアントの選択として Subsystem ブロックまたは Model ブロックが含まれているテンプレート サブシステム

関数

depviewライブラリの依存関係がある場合とない場合の依存関係を参照するモデルのグラフを表示する
find_mdlrefsモデル ブロックや参照先モデルをすべてまたは最上位のみのレベルで検索
Simulink.fileGenControlブロック線図の更新やモデルのビルドによって生成されたファイルのルート フォルダーを指定
Simulink.SubSystem.convertToModelReferenceサブシステムからモデル参照への変換
slbuildモデルのスタンドアロン実行可能ファイルまたはモデル参照ターゲットのビルド

クラス

Simulink.BlockPath完全に指定された Simulink ブロック パス

トピック

モデルを参照するタイミングの決定

モデル参照の基礎

別のモデル上の 1 つのモデルを参照することで、モデルの階層構造を作成する。参照モデルには、1 つのユニットとして一緒に実行されるブロックが含まれる。

コンポーネントベースのモデル化のガイドライン

大規模モデルおよびマルチユーザー開発チームのためのコンポーネント化について考える。

モデル参照の要件と制限

モデル参照には、再利用性、シミュレーション モード、マスキング、デバッグなどの機能に関連する要件と制限がある。

モデル参照の作成

既存のモデルの参照

別のモデルにモデルを含める。

サードパーティからの保護モデルの参照

サードパーティから受け取った保護モデルを使用します。

サブシステムから参照モデルへの変換

変換するサブシステムを準備し、サブシステムをモデルに変換して、変換の前後にシミュレーション結果を比較する。

モデル参照のインターフェイスと境界

参照モデルの端子は、モデル参照の端子に対応します。モデル境界に交差する信号は、特定の要件を満たさなければなりません。

モデルの階層構造の検査

モデルの階層構造のコンテンツ、構造、モデルのバージョン、ログ記録された信号を調べる。

モデル参照の設定

モデル階層のコンフィギュレーション パラメーターの設定

コンフィギュレーション パラメーターの値は、最上位モデルと参照モデルで異なる値にすることができます。コンフィギュレーション パラメーターの値には、モデル参照で使用する場合に特別な要件や動作が適用されるものもあります。

条件付き実行のための参照モデルの変更

条件付き実行サブシステムと同様に、参照モデルを条件付きで実行する。

参照モデルのサンプル時間

参照モデルは参照元のモデルからサンプル時間を継承できます。

再利用可能な参照モデルのインスタンスのパラメーター化

再利用可能なコンポーネントを参照モデルとしてモデル化する場合、ブロック パラメーターに違う値を使用するようにコンポーネントの各インスタンスを設定するために、モデル引数を作成する。

参照モデルのプログラムによるパラメーター化

この例では、同じブロック パラメーターに違う値を使用するように参照モデルの複数のインスタンスをプログラムで設定する方法について説明します。

複数のモデル引数を単一の構造体にグループ化

この例では、構造体を使用することで、同じブロック パラメーターに違う値を使用するように参照モデルの複数のインスタンスをプログラムで設定する方法について説明します。

インスタンス固有のデータをプログラムでルックアップ テーブルに設定する

Simulink.LookupTable オブジェクトを使用して ASAP2 または AUTOSAR のコード生成 (STD_AXIS や CURVE など) 用のルックアップ テーブル データを保存および設定する場合、そのオブジェクトをモデルの引数として設定できます。

モデルの階層構造のシミュレーション

モデルの階層構造内のシミュレーション モードの選択

モデルの階層構造内のモデルのシミュレーション モードを選択します。

シミュレーションとコード生成の高速化のためのビルド アーティファクトの共有

Simulink キャッシュ ファイルを使用して、初回ビルドのコストを回避できるよう、ビルド アーティファクトを共有します。

モデル参照のシミュレーション ターゲット

シミュレーション ターゲット、別名 SIM ターゲットは、アクセラレータ モードで実行される参照モデルを実装する MEX ファイルです。

条件付き実行参照モデルのシミュレーション

条件付き実行参照モデルのスタンドアロン シミュレーションを実行します。

ノーマル モードでの複数の参照モデル インスタンスのシミュレーション

参照モデルの複数のインスタンスを含むモデルのシミュレーションを実行します。

注目の例