Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

既存のモデルの参照

別のモデル内の Model ブロックから参照されたときに、モデルは参照モデルになります。任意のモデルも参照モデルとして機能でき、また個別のモデルとしても継続して機能します。

モデル参照の作成方法を紹介するビデオは、Getting Started with Model Referencing を参照してください。

別のモデル内の既存のモデルを参照するには、以下の手順に従います。

  1. 参照するモデルを含むフォルダーが MATLAB® のパス上にない場合、MATLAB のパス上にそのフォルダーを追加します。

  2. 参照モデルで、[最上位モデルごとに可能なインスタンスの総数] を以下に設定します。

    • モデルの階層構造でモデルを一度だけ使用する場合は [1]

    • モデルの階層構造でモデルを複数回使用する場合は [複数]。オーバーヘッドを削減するために、[複数] の指定は必要なときだけに限定してください。

    • モデルを参照しない場合は [ゼロ]

  3. 親モデルに Model ブロックのインスタンスを作成します。当初、新しいブロックは参照モデルを指定しないため、関連付けられていません。

  4. [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスを開くには、Model ブロックをダブルクリックします。

  5. [モデル名] フィールドに参照モデルの名前を入力します。この名前は、拡張子の .slx または .mdl を除き 60 文字を超えることはできません。

  6. [OK] をクリックします。参照モデルにルートレベルの入力または出力を含めると、Model ブロックに対応する入力端子と出力端子が表示されます。

  7. Model ブロック端子を使用して、参照モデル信号を親モデル内の端子に接続します。モデル参照のインターフェイスと境界を参照してください。

メモ

Model ブロックが別のモデルを参照している場合は、Model ブロックをダブルクリックすると、コンテキストで参照モデルが開きます。Model ブロックの [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスを開くには、Model ブロックを選択します。Simulink® ツールストリップの [Model ブロック] タブで [ブロック パラメーター] をクリックします。

参考

ブロック

関連するトピック

外部の Web サイト