ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル化

時変システムのモデルの設計

Simulink® を使用して、ブロック線図を使用してアルゴリズムと物理システムをモデル化します。摩擦、ギヤのすべり量、ハード ストップなどの実世界の現象を考慮した線形システムと非線形システムをモデル化できます。

事前定義されたブロックの総合的なライブラリが、モデルの作成に役立ちます。Simulink エディターを使用して、ライブラリのブロックをモデルに追加します。エディターでは、信号線によってブロックを接続してシステム コンポーネント間の数学的な関係を構築します。また、モデルの外観を調整したり、マスクを追加してモデルの操作方法をカスタマイズできます。

ブロックのグループを整理してサブシステムにすることで、モデルを階層化するように設計できます。この方法を使用すると、実際のシステムを反映した離散コンポーネントを作成してそれらのコンポーネントの相互作用をシミュレートできます。

  • ブロック ライブラリ
    式とモデル化の概念を表現するブロック
  • モデル編集の基礎
    ブロックと信号線によるブロック線図モデルの作成
  • モデルの設計
    特定の機能やアプリケーションのためのモデル化手法
  • モデルの構成
    ブロック パラメーター、信号の範囲、初期状態、データ型、サンプル時間の構成
  • モデルの注釈付け
    注釈とメモを追加することでモデルについて説明する
  • モデルの共有
    モデル ブロック線図やレポートの印刷、モデル ファイルのパッケージ化を行って他の人に送信
  • モデルの変換
    制御デザインおよびコード生成のためのモデルの線形化と離散化
  • モデル チェックの実行
    正確かつ効率的にモデルがシミュレーションできるかどうかをチェック
  • 診断
    モデルの診断の表示、診断チェックの設定とカスタマイズ、診断ビューアーのレイアウトの説明

注目の例