Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル コンポーネントのテスト

コンポーネント テスト データの管理、SIL または PIL シミュレーションでのテスト スイートの実行、Model Verification ブロックの設定、Polyspace® 解析用オプション ファイルの生成

モデル内の参照モデル、サブシステム、または Atomic サブチャートを解析し、シミュレートします。サブシステムまたは参照モデルをハーネス モデルに抽出することによって、テスト用に分離します。ブロックに対して割り当てられた仕様に従って、シミュレーション中にモデルの時間領域信号を監視します。信号の検証を作成し、シミュレーションの入力グループを基にそれらを選択的に適用します。Polyspace を使用して Simulink® モデルから生成されたコードを解析するためのオプション ファイルを生成し、パッケージ化します。パッケージ化されたオプション ファイルは、生成コードの Polyspace 解析を Simulink とは別に実行する際に役立ちます。たとえば、分散型のワークフローでは、Polyspace 解析を Simulink がない環境で行うこともあります。パッケージ化されたオプション ファイルを使用することで、生成コードのモデル固有コンテキストが保持されます。

ブロック

Assertion信号がゼロかどうかのチェック
Check Dynamic Gap幅の変化のギャップが信号の振幅の範囲内であるかどうかのチェック
Check Dynamic Lower Boundある信号が別の信号より常に小さいかどうかのチェック
Check Dynamic Range信号がタイム ステップ間で変化する振幅の範囲内であるかどうかのチェック
Check Dynamic Upper Boundある信号が別の信号より常に大きいかどうかのチェック
Check Input Resolution入力信号が指定された分解能をもつかどうかのチェック
Check Static Gapギャップが信号の振幅の範囲内にあるかどうかのチェック
Check Static Lower Bound信号が静的下限より大きい (またはオプションで等しい) かどうかのチェック
Check Static Range信号が固定の振幅範囲内にあるかどうかのチェック
Check Static Upper Bound信号が静的上限より小さい (またはオプションで等しい) かどうかのチェック

関数

polyspacePackNGoSimulink から生成されたコードで Polyspace 解析を実行するためのオプション ファイルを生成してパッケージ化
pslinkoptionsMATLAB コマンド ラインから Polyspace の実行をカスタマイズするためにオプション オブジェクトを作成

トピック

コンポーネント検証

モデルの機能ユニットを、単独で、またはより大きなシステムのコンテキストで検証するための手法。

Verification Manager を使用したシミュレーション テストの構築

Simulink Model Verification ライブラリ ブロックは、ブロックに対して割り当てられた仕様に従い、モデルの時間領域信号を評価します。

パッケージ化されたオプション ファイルを使用した、生成されたコードに対する Polyspace 解析の実行

Simulink モデルから Polyspace オプション ファイルを生成し、Polyspace を使用して、生成されたコードをこれらのオプション ファイルを使用して解析します。