Main Content

コンポーネント検証

モデルのテストを行う際に、モデルが設計要件を満たしていないことを発見する場合があります。こうした問題を解決するには、追加のコンポーネント検証が必要です。ニーズに応じて、Signal Editor ブロック、Model Verification ライブラリ内のブロック、または Simulink® Test™Simulink Design Verifier™Simulink Coverage™ などの製品を使用して、モデルのコンポーネントをテストできます。

基盤ブロックの使用

Model Verificationライブラリを使用して、モデルのコンポーネントの動作を検証できます。これらのブロックは、モデルの信号が指定された要件を満たすかどうかをチェックします。シミュレーション中に要件が満たされない場合、ブロックはシミュレーションを停止したり、警告を表示したりする場合があります。詳細については、モデル コンポーネントのテストを参照してください。

Signal Editor ブロックを使用してテスト ケースを作成して、入力信号を構成し、その後システムの出力をログ記録することもできます。詳細については、信号データの作成と編集を参照してください。信号データを作成した後、出力をログ記録し、テスト ケースを後で使用するために保存できます。詳細については、ログ記録用の信号の構成を参照してください。

厳密なコンポーネント検証の実行

一部のコンポーネントでは、膨大な数のテストを必要とするため、Model Verification ライブラリと Signal Editor ブロックのみを使用して管理するのは困難です。より厳密なコンポーネント検証が必要な場合には、Simulink Testを使用します。

分離されたコンポーネント、またはモデルの一部であるコンポーネント向けのテスト ケース データを生成できます。

分離されたコンポーネント向けのテスト ケースの作成

他のコンポーネントがない状態でコンポーネントがどのように動作するかを検証するために、分離されたコンポーネントをテストできます。

This flow chart shows a high level schematic of the structure used to verify an isolated component. The component is placed in a test harness to generate data for later merging and additional testing.

分離されたコンポーネント向けのテスト ケース データを作成するには、次のようにします。

  1. Simulink Test を使用してコンポーネント向けのテスト ハーネスを作成し、適切なテスト ケースを追加する。テスト ハーネスを作成する方法の詳細については、Create a Test Harness (Simulink Test)を参照してください。

  2. テスト信号をログ記録する。

  3. 設計目標を満たすようにテスト ケースを構成するまで、手順 1 ~ 2 を繰り返す。

モデル内のコンポーネント向けのテスト ケースの作成

コンポーネントが閉ループ コントローラー内にある場合や、より広範なコンテナー モデルの一部である場合など、より大きなモデル内のコンポーネント向けのテスト ケース データを作成することもできます。

This shows a high level schematic of the structure used to verify a component in a model. The component can be optionally placed in a test harness to generate data for later merging and additional testing.

モデル内のコンポーネント向けのテスト ケース データを作成するには、次のようにします。

  1. Simulink Test を使用して、モデルに適切なテスト ケースを追加する。

  2. テスト ハーネスにコンポーネントを追加し、コンポーネントのテスト ケースをモデルから直接生成する。詳細については、Generate Tests and Test Harnesses for a Model or Components (Simulink Test)を参照してください。

  3. テスト ケースが包括的でない場合、コンポーネント向けのハーネスを作成し、テスト ケースを追加または変更する。

  4. 設計目標を満たすようにテスト ケースを構成するまで、手順 1 ~ 3 を繰り返す。

コンポーネントに対するテスト スイートの実行

分離されたコンポーネント向けとモデル内のコンポーネント向けの両方のテスト ケースを Simulink Test を使用して作成する場合、結果のテスト スイートにはすべてのテスト ケースが含まれます。Simulink Test のテスト マネージャーにより、作成したテスト ケースを管理して実行することができます。詳細については、Create and Run a Baseline Test (Simulink Test)を参照してください。テスト マネージャーによって、カバレッジの解析など、追加の検証アクティビティも実行できます。詳細については、Collect Coverage in Tests (Simulink Test)を参照してください。結果が設計目標を満たしたら、追加のテスト向けにコンポーネントを準備できます。

追加のテスト ケースの管理用に他の製品を使用する

コンポーネントのカバレッジが不完全である場合、Simulink Design Verifier を使用して、欠落しているテスト カバレッジを補足するテスト ケースを自動的に作成できます。詳細については、テスト ケースの生成とは (Simulink Design Verifier)を参照してください。続いて、Simulink Test で解析を再実行できます。結果が満足のいくものであれば、Simulink Coverage および Simulink Check™ を使用して、追加の設計目標を検証するためにテスト ケース データを使用できます。

Simulink Test と他の製品でも、使用できるアクティビティのいくつかを実行することができますが、これらのオプションでは機能に制限があります。たとえば、slvnvmakeharness (Simulink Coverage) 関数を使用してテスト ハーネスを作成できます。シミュレーションの出力にのみ関心がある場合、Simulink.SimulationInput オブジェクトを作成し、複数のシミュレーションを実行することで、テスト ケースの入力信号を実行できます。詳細については、Running Multiple Simulationsを参照してください。

関連するトピック