Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Assertion

信号がゼロかどうかのチェック

  • ライブラリ:
  • Simulink / Model Verification

    HDL Coder / Model Verification

  • Assertion block

説明

Assertion ブロックは、入力の信号の要素が 0 かどうかを確認します。すべての要素が非ゼロであった場合、アサーションは true (1) であり、ブロックは処理を行いません。そうでない場合、既定の設定ではブロックはシミュレーションを停止してエラー メッセージを返します。

端子

入力

すべて展開する

アサーション チェックへの入力信号。

データ型: half | single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated

パラメーター

すべて展開する

このパラメーターをオフにすると、ブロックが無効になり、モデルはこのブロックが存在しない場合と同じ動作をします。すべての検証ブロックを有効または無効にするには、このオプションの設定にかかわらず、[コンフィギュレーション パラメーター] ウィンドウへ移動し、[診断]、[データ有効性] をクリックして [詳細設定パラメーター] セクションを展開し、[Model Verification ブロックを有効にする]Enable all または Disable all に設定します。

コマンド ライン情報

パラメーター: enabled
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

アサーションが失敗したときに評価する MATLAB® 式を指定します。式は MATLAB ワークスペースで評価されるため、そのワークスペース内の式に使用されるすべての変数を定義します。

依存関係

このパラメーターを有効にする場合は、[アサーションを有効にする] パラメーターを選択します。

コマンド ライン情報

パラメーター: callback
型: 文字ベクトル
値: MATLAB 式
既定の設定: ''

チェックに失敗したときにシミュレーションを停止するには、このパラメーターをオンにします。このパラメーターをオフにすると、警告が表示され、シミュレーションは続行されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: stopWhenAssertionFail
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

サンプル時間を -1 以外の値で指定します。詳細については、サンプル時間の指定を参照してください。

依存関係

このパラメーターは、明示的に -1 以外の値に設定されていない限り表示されません。詳細は、サンプル時間が推奨されないブロックを参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: SampleTime
型: 文字ベクトル
値: スカラーまたはベクトル
既定の設定: '-1'

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | fixed point | half | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入