Main Content

Check Dynamic Range

信号がタイム ステップ間で変化する振幅の範囲内であるかどうかのチェック

  • ライブラリ:
  • Simulink / Model Verification

    HDL Coder / Model Verification

  • Check Dynamic Range block

説明

Check Dynamic Range ブロックは、信号が各タイム ステップでの値の範囲内にあるかどうかをチェックし、比較後にアサーションを実行します。範囲はタイム ステップごとに変化することがあります。u 端子はテスト済みの入力信号です。min 端子および max 端子は、範囲の下限と上限をそれぞれ示します。umaxmin の間にある場合、アサーションは true (1) であり、ブロックは処理を行いません。そうでない場合、既定の設定ではブロックはシミュレーションを停止してエラー メッセージを返します。

入力信号はスカラー、ベクトル、または行列になります。3 つの入力信号のすべてでデータ型が同じでなければなりません。ブロックは、信号によって異なる方法で u の値を範囲と比較します。

  • スカラーをベクトルまたは行列と比較する場合、ブロックはスカラー信号を非スカラー信号の各要素と比較します。

  • ベクトル信号または行列信号を他のベクトルまたは行列と比較する場合、ブロックは入力を要素単位でチェックします。

  • 複数のベクトルまたは行列入力信号をもつモデルの場合、ベクトルまたは行列は次元が同じでなければなりません。

端子

入力

すべて展開する

範囲の上限を指定する信号。

データ型: half | single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated

範囲の下限を指定する信号。

データ型: half | single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated

max 端子と min 端子で指定された範囲についてチェックされる信号。

データ型: half | single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated

出力

すべて展開する

アサーションが成功した場合は true (1)、アサーションが失敗した場合は false (0) になる出力信号。[コンフィギュレーション パラメーター] ウィンドウで、[数学とデータ型] セクションの [詳細設定パラメーター] の下で [boolean データとして論理信号を処理] を選択すると、出力のデータ型は Boolean になります。それ以外の場合、信号のデータ型は double です。

依存関係

この端子を有効にするには、[アサーション信号の出力] パラメーターを選択します。

データ型: double | Boolean

パラメーター

すべて展開する

このパラメーターをオフにすると、ブロックが無効になり、モデルはこのブロックが存在しない場合と同じ動作をします。すべての検証ブロックを有効または無効にするには、このオプションの設定にかかわらず、[コンフィギュレーション パラメーター] ウィンドウへ移動し、[診断][データ有効性] をクリックして [詳細設定パラメーター] セクションを展開し、[Model Verification ブロックを有効にする]Enable all または Disable all に設定します。

プログラムでの使用

パラメーター: enabled
型: string スカラーまたは文字ベクトル
: "on" | "off"
既定の設定: "on"

アサーションが失敗したときに評価する MATLAB® 式を指定します。式は MATLAB ワークスペースで評価されるため、そのワークスペース内の式に使用されるすべての変数を定義します。

依存関係

このパラメーターを有効にする場合は、[アサーションを有効にする] パラメーターを選択します。

プログラムでの使用

パラメーター: callback
型: string スカラーまたは文字ベクトル
既定の設定: ""

チェックに失敗したときにシミュレーションを停止するには、このパラメーターをオンにします。このパラメーターをオフにすると、警告が表示され、シミュレーションは続行されます。

プログラムでの使用

パラメーター: stopWhenAssertionFail
型: string スカラーまたは文字ベクトル
: "on" | "off"
既定の設定: "on"

出力端子を有効にするには、このパラメーターを選択します。

プログラムでの使用

パラメーター: export
型: string スカラーまたは文字ベクトル
: "on" | "off"
既定の設定: "off"

ブロック アイコンのスタイルを指定します。[graphic] オプションを選択した場合は、アサート条件のグラフィカル表現がアイコン上に表示されます。[text] オプションを選択した場合は、アサート条件を表す数式が表示されます。

プログラムでの使用

パラメーター: icon
型: string スカラーまたは文字ベクトル
: "graphic" | "text"
既定の設定: "graphic"

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | enumerated | fixed point | half | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

バージョン履歴

R2006a より前に導入