Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ファイルのモデル コンポーネントの再利用

大規模モデルで作業をしているときに、そのモデルを複数のファイルに分割して、チーム メンバーが異なるモデル コンポーネントを同時に開発できるようにすることができます。あるモデルやその他のモデルに含まれるこれらのコンポーネントを複数回再利用できます。

モデル ファイル、ライブラリ ファイル、およびサブシステム ファイルは、同じモデル コンポーネントの複数のインスタンスを単一のソースで提供します。これらの各コンポーネント化方法を使用するタイミングについては、コンポーネントベースのモデル化のガイドラインを参照してください。

サブシステム

モデル ex_modeling_component_reuse は、サブシステム ファイル ex_modeling_mechanical_system.slx の内容を 2 回参照して、同一の機械サブシステムを表します。

ライブラリ ファイルまたはサブシステム ファイルのいずれかでサブシステムを再利用できるよう定義できますが、サブシステム ファイルを使った方が編集が容易です。参照サブシステムを編集すると、サブシステム ファイルと参照サブシステムのすべてのインスタンスに変更が適用されます。

モデル

モデル ex_modeling_component_reuse は、モデル ファイル ex_modeling_controller.slx の内容を参照します。コントローラー コードは組み込みシステムに展開されることがよくあるため、スタンドアロン コントローラー モデルを使用すると便利です。

組み込みプロセッサではコントローラーの既定のプロパティがサポートされていない場合があります。コントローラー モデルは組み込みプロセッサのコード生成に使用される可能性があるため、次の制限が参照コントローラー モデルおよび親モデルとのインターフェイスに適用されます。

  • 固定信号属性 — モデル インターフェイスのバスが同じ信号属性を共有する必要がある場合は、バス オブジェクトは 3 つの入力端子および出力端子のセットで信号属性を指定します。

  • 離散サンプル時間 — 離散サンプル時間を指定するために、モデル ex_modeling_controller によって離散実行領域が指定され、スクリプト ex_modeling_data_controller.m によって離散 PID コントローラーの値が指定されます。

  • 固定データ型 — 組み込みプロセッサが必要とする単精度のデータ型を適用するために、Data Type Conversion ブロックはバス要素のデータ型をモデル インターフェイスに到達する前に変換します。

関連するトピック