Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

相互交換可能なモデル コンポーネントのバリエーションの作成

モデルの柔軟性を高めてさまざまな要件に対応できるようにするために、バリアント サブシステムとモデルを使用できます。バリアントを使用することで、1 つのモデル内でコンポーネントの複数のバリエーションから選択することができます。MATLAB® コマンド プロンプトでバリアント制御変数の値を変更すると、モデルに変更を加えることなくアクティブなバリアントを変更できます。

モデル ex_modeling_variants には、演算子のサブシステムに関するバリアントの選択肢が 3 つあります。

Operator 1 はクティブなバリアントで、スクリプト ex_modeling_variant_choice.m によって定義されます。機械システムの目標位置を決定するために、この演算子は Stateflow® チャートを使用して手続き論理を実装します。

非アクティブなバリアントとそのコンテンツはグレー表示されます。機械システムの位置に関する目標位置を定義するために、非アクティブなバリアント サブシステム Operator 2 は Waveform Generator ブロックを使用します。

バリアントの選択肢 Operator 3 は非アクティブなバリアント モデルです。Variant Subsystem ブロックでは、サブシステムとモデルの両方をバリアントの選択肢として使用できます。

関連するトピック