Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ファイル管理システムの設定

モデルの構築が進むと、参照ファイルや依存関係の管理がさらに複雑になります。大規模モデルを管理する複雑度を軽減するために、プロジェクトを使用できます。Simulink のプロジェクトは、必要なファイルの検索、ファイルと設定の管理と共有、ソース管理との対話によって、大規模なモデル階層を整理できます。

MATLAB® スクリプト ex_modeling_project_setup.m は、次のファイルを含むプロジェクトを作成します。

  • サブシステム ファイル ex_modeling_mechanical_system.slx

  • モデル ファイル ex_modeling_variants.slx

  • モデル ファイル ex_modeling_controller.slx

  • モデル ファイル ex_modeling_operator_variant.slx

  • MATLAB スクリプト ex_modeling_data_mechanical_system.m

  • MATLAB スクリプト ex_modeling_data_controller.m

  • MATLAB スクリプト ex_modeling_variant_choice.m

  • MATLAB 関数 ex_modeling_bus_objects.m

このスクリプトを開くには、次のコマンドを MATLAB コマンド プロンプトに入力します。

openExample('simulink/SetupAFileManagementSystemExample')

スクリプトを実行してプロジェクトを作成します。

MATLAB スクリプトと関数は起動時に実行するように設定されています。

このプロジェクトを使用して、次のようなプロジェクトの機能を確認することができます。

  • タスクの自動化

  • 一般的な操作のショートカットの作成

  • ファイルの依存関係の解析

  • ファイルの変更による影響の解析

  • モデル ファイルの比較

プロジェクトの [表示][依存関係アナライザー] を選択し、[解析] をクリックして、プロジェクトに含まれるすべてのファイルに対して依存関係の解析を実行します。依存関係グラフで、依存関係の矢印にカーソルを合わせて、依存関係のタイプを確認します。MATLAB スクリプトと関数がモデル コールバックによって実行されていることが示されます。

これらのファイルは起動時に実行されるようになっているため、モデルのコールバックは冗長であり、削除することができます。

依存関係グラフには 2 レベルのモデル階層も示され、その階層の最上位モデルはライブラリと参照モデルに依存します。

関連するトピック