Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

起動タスクの自動化

プロジェクトで、起動ファイルを使用してプロジェクトの環境を設定できます。

プロジェクトを開いたとき、起動ファイルが .m ファイルおよび .p ファイルの場合は自動的に実行され、.mat ファイルの場合は読み込まれ、また、Simulink® モデルの場合は開かれます。

メモ

起動スクリプトには任意の名前を付けることができます。startup.m を使用する必要はありません。

MATLAB® パス上にある startup.m という名前のファイルを使用できます。このファイルは MATLAB の起動時に実行されます。startup.m ファイルで currentProject を使用してプロジェクトを呼び出す場合は、プロジェクトがまだ読み込まれていないことが原因でエラーが発生します。このエラーを防ぐには、startup.m の名前を変更して、プロジェクトの起動ファイルとして代わりに使用してください。

プロジェクトを開いたときに実行される既存のファイルを設定します。

  • ファイルを右クリックして [起動時に実行] を選択します。

  • あるいは、[プロジェクト] タブで、[起動とシャットダウン] をクリックします。[プロジェクトの起動とシャットダウンの管理] ダイアログ ボックスでは、起動ファイルとシャットダウン ファイルを追加および削除できます。実行順序が重要である場合、矢印ボタンを使用して順序を変更します。

ファイル ビューの [ステータス] 列にはアイコンとファイルが起動時に実行されることを示すツールヒントが表示されます。

メモ

起動ファイル設定は、修正したファイルをソース管理にコミットするときに含まれます。作成した起動タスクは、他のプロジェクト ユーザーも実行できます。

起動時のファイルの実行を停止するには、ファイルを右クリックして [起動から削除] を選択して変更を元に戻します。

[プロジェクトの起動とシャットダウンの管理] ダイアログ ボックスで、チェック ボックスを使用して環境オプションを指定します。

  • [このプロジェクトを開始する前に Simulink を起動] – このオプションは、プロジェクトを開くときに Simulink を起動します。

  • [Simulink カスタマイズの更新] – このオプションは、プロジェクトの起動時とシャットダウン時に sl_customization ファイルを実行します。

プロジェクトを開くと、起動ファイルが実行されます。また、現在の作業フォルダーがプロジェクトの起動フォルダーに変更されます。起動フォルダーを設定する場合、[プロジェクト] タブで、[詳細] をクリックして [起動] フォルダーを編集します。プロジェクトの詳細、起動フォルダー、派生ファイルのフォルダーの指定を参照してください。

プロジェクトまたはコマンド ラインで、新しい起動ファイルとシャットダウン ファイルを対話的に作成できます。詳細については、addStartupFile を参照してください。

関連する例

詳細