Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

頻繁に使用するタスクの検索と実行にショートカットを使用

プロジェクトでは、ショートカットを使用すると、重要なファイルや操作を簡単に見つけてアクセスできます。ショートカットを使用すると、大規模なプロジェクトで最上位モデルやスクリプトを簡単に見つけられます。ショートカットは、ツールストリップの任意のファイル ビューから使用できます。

プロジェクトにショートカットがまだ含まれていない場合は、頻繁に使用するタスクのためのショートカットの作成を参照してください。

ショートカットを使用するには、以下を実行します。

  • [プロジェクトのショートカット] ツールストリップ タブで、ショートカットをクリックします。ツールストリップでショートカットをクリックすると、ファイル タイプの既定のアクションが実行されます。たとえば、.m ファイルを実行する、.mat ファイルを読み込む、モデルを開く、などです。ショートカットの上にマウス ポインターを移動すると、絶対パスが表示されます。

ショートカットを実行する際の動作を選択します。

  • スクリプトがパスにない場合に、親フォルダーに切り替えてプロンプトを表示せずにスクリプトを実行する場合は、[プロジェクト ショートカット] ツールストリップ タブで、ショートカットをクリックします。このオプションを使用する場合、スクリプト内の pwd の結果はスクリプトの親フォルダーになります。

  • [ファイル] ビュー コンテキスト メニューで [実行] を選択したときにスクリプトがパス上にない場合は、MATLAB® により、フォルダーを変更するかそれともフォルダーをパスに追加するかを確認するメッセージが表示されます。これは現在のフォルダー ブラウザーから実行する動作と同じです。このオプションを使用する場合、スクリプト内の pwd の結果はスクリプト実行時の現在のフォルダーになります。

関連する例

詳細