Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プロジェクトを使用したソース管理について

プロジェクトを使用してソース管理を行うことができます。変更の更新、コミット、マージや、リビジョン履歴の表示などの操作を、プロジェクト環境から直接実行できます。

MATLAB® では、プロジェクトは以下へのインターフェイスをもちます。

ヒント

以下のプロジェクト Web ページで、更新されたソース管理統合のダウンロードをチェックできます。https://www.mathworks.com/discovery/simulink-projects.html

プロジェクトでソース管理を使用するには、以下のいずれかのワークフローを使用します。

プロジェクトがソース管理されている場合は、以下のことを実行できます。

注意

ソース管理を使用する前に、モデルが破損するのを防ぐため、モデル ファイルをソース管理ツールに登録する必要があります。ソース管理ツールへのモデル ファイルの登録を参照してください。

ソース管理の下にあるサンプル プロジェクトを確認するには、機体プロジェクトでのプロジェクト ツールの調査を参照してください。

従来のソース管理と分散ソース管理

次の図は、従来のソース管理 (たとえば SVN を使用) のワークフローを表しています。

従来のソース管理の利点は以下のとおりです。

  • ファイル ベースのロックとユーザーのアクセス許可 (たとえば、モデル ファイルの強制ロックが可能)

  • 中央のサーバーによりローカル ストレージの必要性を削減

  • 学習が簡単で容易

次の図は、分散ソース管理 (たとえば Git を使用) のワークフローを表しています。

分散ソース管理の利点は以下のとおりです。

  • オフライン作業

  • 完全な履歴を提供するローカル リポジトリ

  • ブランチ

  • 複数のリモート リポジトリにより、大規模な階層的アクセス制御が可能

従来のソース管理または分散ソース管理のどちらかを選択する場合、以下のヒントを考慮してください。

従来のソース管理は以下の場合に便利です。

  • ファイルのロックが必要。

  • ソース管理をはじめて使用。

分散ソース管理は以下の場合に便利です。

  • オフラインでの作業、定期的なコミット、完全なリポジトリ履歴へのアクセスが必要。

  • ローカルでのブランチが必要。

関連するトピック