Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

信号線の管理

モデルの構築が進むにつれて、モデルのブロックを整理するのに機能的にも視覚的にもモデル コンポーネントが役立つようになります。モデル内で信号線を同様に整理するために、信号をグループ化してバスを作成するなど、さまざまな戦略を適用することができます。

信号線の煩雑さを軽減する方法を示すために、この例では複数のセンサーとアクチュエータを使用してモデルを実装します。このシステムには 2 つのバネ、ダンパー、質量があります。次のイメージで示しているように、ビームが 2 つの質量を接続します。

センサーは質量の変位を読み取ります。コントローラーは、アクチュエータによって質量に適用しなければならない力を計算することで、ビーム $x$ の中心の高さを調整し、ビームを同じ高さにします。コントローラーはビームの終端間の高さの相違 $delta$ を使用して、ビームを同じ高さにします。

モデル ex_modeling_signals はシステムを表します。

シミュレーション後に信号を表示するために、モデルでは 2 つの Scope ブロックが使用されます。1 つ目の Scope ブロックには、目標のビームと実際のビームの水平度が示されます。もう 1 つの Scope ブロックには、中心におけるビームの目標位置と実際の位置、および両端での実際のビームの位置が示されます。

信号線の数を減らすには、ビューアーを信号線に直接接続するか、信号線のデータ ログを有効にします。Sink ブロックを使用せずにシミュレーション データを可視化する方法を選択することで、余分な信号線を回避できます。

モデル ex_modeling_simulation_data_inspector は Scope ブロックと関連する信号線を削除してから、それらの信号のデータ ログを有効にします。

ログに記録された信号を表示するには、強調表示された [シミュレーション データ インスペクター] ボタンをクリックしてシミュレーション データ インスペクターを開きます。

信号線の数をさらに減らすために、Bus Creator ブロックまたは Out Bus Element ブロックを使用して、信号線をグループ化してバスを作成することができます。バスにグループ化されたときにすべての信号線で ID が保持され、下流でバスから分離することができます。

バスを作成することで、モデル ex_modeling_composite_signals はさらに読みやすいシステム表現を提供します。

信号がバスにグループ化された後も、シミュレーション結果は同じままです。この例では、バス内の各信号について個別にデータをログ記録する代わりに、バス x_sensorgoal に関連付けられている信号線のデータ ログを有効にします。

関連するトピック