ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Scope ブロックとスコープ ビューアーの概要

方法の概要

Simulink® スコープには、シミュレーション データを表示し、後で解析するためにデータを取得する方法がいくつか用意されています。ブロック線図の記号は、さまざまなデータの表示方法やデータの取得方法を表します。

これらの方法の詳細については、次を参照してください。

Simulink スコープとフローティング スコープ

Scope ブロックと Floating Scope ブロックはどちらもシミュレーション結果を表示しますが、信号の付加方法およびデータの保存方法が異なります。Floating Scope とスコープ ビューアーのシミュレーション動作は同じですが、モデル内では異なる方法で管理します。

機能Simulink スコープSimulink フローティング スコープSimulink スコープ ビューアー
信号の付加入力端子を使用して信号線を Scope ブロックに接続します。

シミュレーション前およびシミュレーション中にモデルから対話的に信号を付加します。Floating Scope ブロックまたはスコープ ビューアーへの信号の接続およびフローティング スコープでの異なる信号の可視化の迅速な切り替えを参照してください。

シミュレーションの前にモデルから対話的に、信号セレクターから、または信号線のコンテキスト メニューを介して信号を付加します。
信号へのアクセス信号線が Scope ブロックに接続されているため、モデルの階層構造内の異なるレベルにある信号には GoTo ブロックを使用してアクセスします。

信号線を使用せずに信号が付加されているため、Floating Scope ブロックに配線する必要はありません。

参照モデルや Stateflow® チャートを含む、モデルの階層構造内にあるほとんどの信号にアクセスできます。最適化された信号にはアクセスできません。

スコープ ビューアーが信号線に付加されます。
データ ログ配列、構造体またはオブジェクトとして、データを MATLAB® 変数に保存します。オブジェクトとして、データを MATLAB 変数に保存します。
シミュレーション制御ツール バーの [実行]、[進む]、[戻る] ボタン。ツール バーの [実行]、[進む]、[戻る] ボタン。ツール バーの [実行]、[進む]、[戻る] ボタン。
シミュレーション後の座標軸のスケール

X 軸の範囲と Y 軸の範囲をスケールするツール バー ボタン

[座標軸のスケーリング] を X 軸と Y 軸で [自動] に設定します。

Y 軸の範囲のみをスケールするツール バーボタン

[座標軸のスケーリング] を Y 軸のみ [自動] に設定します。

X 軸の範囲と Y 軸の範囲をスケールするツール バー ボタン

[座標軸のスケーリング] を X 軸と Y 軸で [自動] に設定します。

モデルへの追加Simulink Sinks ライブラリからブロックを追加します。Simulink Sinks ライブラリからブロックを追加します。[信号とスコープのマネージャー] を使用して追加します。信号とスコープのマネージャーを参照してください。
モデル内での視覚的な表示 Floating Scope ブロックはどの信号線にも付加されていません。ビューアー アイコンは付加されたすべての信号の信号線の上に配置されています。
スコープの一元管理なし。なし。[信号とスコープのマネージャー] を使用して、ビューアーの追加または削除、信号の付加または削除を行います。
スコープのローカルでの管理信号線を端子の Scope ブロックに付加します。[Floating Scope] ウィンドウから信号を付加します。コンテキスト メニューを使用して、モデルの階層構造内でビューアーを追加したり、追加の信号を付加します。
Simulink Report Generator™ サポートあり。あり。なし。
[サンプル時間]inf (定数サンプル時間) に設定された Constant ブロックの接続 すべてのデータ値をプロットします。最初のタイム ステップおよびパラメーター調整のたびに、データ値をプロットします。

Simulink スコープと DSP System Toolbox 時間スコープ

Simulink および DSP System Toolbox™ のライセンスをもっている場合、Simulink スコープまたは DSP System Toolbox 時間スコープのいずれかを使用できます。アプリケーション要件、ブロックの機能、各ブロックの既定値に基づいてスコープを選択します。

DSP System Toolbox のライセンスをもっていて、時間スコープを使っている場合、アプリケーションで引き続き使用することができます。Time Scope ブロックを使用するには、DSP System Toolbox ライセンスが必要です。

機能スコープ時間スコープ
ブロック ライブラリ内の場所Simulink Sinks ライブラリDSP System Toolbox Sinks ライブラリ
トリガーおよび測定値パネル

Simulink のみを使用:

  • トリガー

  • カーソルの測定

DSP System Toolbox または Simscape™ ライセンスがある場合:

  • 信号統計

  • バイレベル測定

  • ピークの検出

  • トリガー

  • カーソルの測定

  • 信号統計

  • バイレベル測定

  • ピークの検出

ブロックベースのサンプル時間に対するシミュレーション モードのサポート

ブロックベースのサンプル時間では、ブロックのすべての入力は同じレートで実行されます。

  • ノーマル

  • アクセラレータ

  • ラピッド アクセラレータ

  • エクスターナル

  • ラピッド アクセラレータ

  • エクスターナル

端子ベースのサンプル時間に対するシミュレーション モードのサポート

端子ベースのサンプル時間では、入力端子は異なるレートで実行できます。

なし。
  • ノーマル

  • アクセラレータ

信号のフレーム処理DSP System Toolbox ライセンスがある場合、Scope ブロックに含まれています。Time Scope ブロックに含まれています。
サンプル時間の伝播さまざまな端子が異なるサンプルレートをもっている場合、スコープはレートの最大公約数を使用します。端子ベースのサンプル時間を使用する場合、Scope ブロックのさまざまな端子が異なるレートを継承し、そのレートに従って信号をプロットします。
モデルを前のリリースの Simulink に保存します。R2015a より前のリリースに保存する場合、Scope ブロックはそのリリースで利用可能な機能を備えたスコープに変換されます。機能に変更はありません。

次の表に、Scope ブロックと Time Scope ブロックのコンフィギュレーション プロパティの既定値の違いを示します。

プロパティスコープ時間スコープ
シミュレーションの起動時に開くオフ選択
入力処理チャネルとしての要素 (サンプル ベース)チャネルとしての列 (フレーム ベース)
座標軸の最大化オフ自動
時間単位なし基準 (時間範囲に基づく)
時間軸ラベル下部表示のみすべて
時間軸ラベルの表示オフ選択
プロット タイプ自動ライン
タイトル%<信号ラベル>タイトルなし
Y 軸ラベルラベルなし振幅

参考

| |

関連するトピック