ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

フローティング スコープおよびスコープ ビューアー タスク

モデルへの Floating Scope ブロックの追加

Floating Scope ブロックを Simulink® ブロック ライブラリから追加するには、次のようにします。

  1. Simulink エディター メニューで、[ライブラリ ブラウザー] ボタン をクリックします。

  2. Simulink Sinks ライブラリから、Floating Scope ブロックのコピーを Simulink エディターにドラッグします。

モデル ブロック線図から検索を行い、Floating Scope ブロックを追加するには、次のようにします。

  1. Simulink エディターでモデル ブロック線図をクリックし、「floating scope」と入力します。

  2. リストから [Floating Scope Simulink/Sinks] を選択します。

信号とスコープのマネージャーによるスコープ ビューアーの追加

  1. Simulink エディター メニューから、[ブロック線図][信号と端子][信号とスコープのマネージャー] を選択します。

  2. [信号とスコープのマネージャー] の [タイプ] ペインの [ビューアー] ノードで製品ノードを展開して、利用できるビューアーを表示します。

  3. Scope を選択し、[モデルに追加] をクリックします。[モデル内のジェネレーター/ビューアー] ペインの [ビューアー] タブの表にビューアーが追加されます。

Floating Scope ブロックまたはスコープ ビューアーへの信号の接続

信号を Floating Scope ブロックまたはスコープ ビューアーに接続します。

  1. Floating Scope ブロックまたはスコープ ビューアー アイコン をダブルクリックしてスコープを開きます。

  2. [Scope] ウィンドウのツール バーで、信号選択ボタン をクリックします。このボタンを表示するには、ロックのドロップダウンを選択する必要がある場合があります。

    Simulink キャンバスがグレー表示されていると、スコープに接続する信号を対話的に選択できることを示します。

  3. スコープに接続する信号を選択します。複数の信号の場合は、複数の信号をクリックしてドラッグします。

  4. [接続] ポップアップで、接続する信号の横にあるチェック ボックスをオンにします。

  5. スコープに複数の表示領域がある場合は、ドロップダウンから表示領域を 1 つ選択して信号を接続します。

  6. Simulink キャンバスの右上にある [X] をクリックして、シミュレーションを実行します。

Floating Scope ブロックを使用したシミュレーション データの保存

この手順では、モデル vdp を使用して MATLAB® ワークスペースへの信号の保存を説明します。

  1. Floating Scope またはスコープ ビューアーをモデルに追加します。モデルへの Floating Scope ブロックの追加または信号とスコープのマネージャーによるスコープ ビューアーの追加を参照してください。

  2. スコープへの信号の接続については、Floating Scope ブロックまたはスコープ ビューアーへの信号の接続を参照してください。たとえば、信号 x1x2 を選択します。

  3. Floating Scope またはスコープ ビューアー ウィンドウを開きます。ツール バーの [パラメーター] ボタン をクリックします。

  4. [ログ] タブをクリックし、[表示された信号のワークスペースへのログ/ログの解除] ボタンを選択します。

    この選択によって、接続された信号の [信号データのログ] パラメーター チェック ボックスも設定されます。Simulink エディターはログの記号 を信号に配置します。

  5. [シミュレーション][モデル コンフィギュレーション パラメーター] を選択して [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。[コンフィギュレーション パラメーター] で、[データのインポート/エクスポート] を選択します。

  6. [信号のログ] チェック ボックスをオンにします。既定のデータセット オブジェクト名 logsout を使用するか、独自の名前を入力します。[OK] をクリックします。

  7. シミュレーションを実行します。Simulink は、信号ごとに 1 要素ずつ 2 つの要素をもつ Dataset オブジェクトとしてデータを MATLAB ワークスペースに保存します。

  8. MATLAB コマンド ウィンドウにこれらのコマンドを入力し、logsout からのログ データを表示します。ここで、x1 は信号の名前です。

    x1_data = logsout.get('x1').Values.Data
    x1_time = logsout.get('x1').Values.Time
    plot(x1_time,x1_data)
    

[Floating Scope] ウィンドウからのシミュレーションの実行

  1. Simulink モデルで、Floating Scope ブロックをダブルクリックします。

  2. ツール バーで、[実行] ボタン をクリックします。

シミュレーションを制御するツール バー ボタンの使用の詳細については、シミュレーションのステップ実行を参照してください。

スコープ ビューアーの削除

  1. ビューアーが付加された信号線を右クリックするか、信号線に付加されたビューアー記号 をクリックします。

  2. [ビューアーを削除] を選択してから、ビューアー名を選択します。

フローティング スコープでの異なる信号の可視化の迅速な切り替え

  1. Floating Scope ウィンドウを開きます。

  2. ツール バーで、[ロック] ボタン をクリックし、アイコンのロックを解除 します。

  3. モデルで信号線をクリックして選択し、強調表示します。複数の信号を選択するには、Shift キーを押しながら信号を選択します。

    キャンバスをクリックすると、選択された表示によって以前の信号接続は消去されます。

  4. シミュレーションを実行します。ロック解除 アイコンが表示されている間は、信号間でクリックして Floating Scope に表示する信号を切り替えることができます。

参考

| |

関連するトピック