Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

フローティング スコープおよびスコープ ビューアー タスク

これらのタスクでは、よく使用される Floating Scope とスコープ ビューアーの手順について説明します。

モデルへの Floating Scope ブロックの追加と信号の接続

Floating Scope ブロックを Simulink® ブロック ライブラリから追加するには、次のようにします。

  1. [シミュレーション] タブから、[ライブラリ ブラウザー] をクリックします。

  2. Simulink Sinks から、Floating Scope ブロックのコピーをモデルにドラッグします。

信号をフローティング スコープに接続するには、次のようにします。

  1. Floating Scope ブロックをダブルクリックします。

  2. [Scope] ウィンドウのツール バーで、信号選択ボタン をクリックします。信号選択を確認するには、[ロック] ボタンの横にあるドロップダウンの選択が必要な場合もあります。

    Simulink エディターのキャンバスがグレー表示されていると、スコープに接続する信号を対話的に選択できることを示します。

  3. スコープに接続する信号を選択します。複数の信号を選択するには、クリックしてドラッグします。

  4. [接続] ポップアップで、接続する信号の横にあるチェック ボックスをオンにします。

  5. スコープに複数の表示領域 (サブプロット) がある場合は、[接続] ポップアップの上部にあるドロップダウンから目的の表示領域を選択して信号を接続します。

  6. Simulink キャンバスの右上にある [X] をクリックします。

    これで信号がフローティング スコープに接続されます。シミュレーションを実行してプロットされた信号を確認します。

スコープ ビューアーの信号への追加

  1. 表示する信号を選択します。

  2. [シミュレーション] タブの [準備] ギャラリーで、[ビューアーの追加] を選択します。

  3. [ビューアーの追加] ウィンドウで、[Scope] などのビューアーを選択します。

既存のフローティング スコープまたはスコープ ビューアーへの信号の追加

信号を既存のフローティング スコープまたはスコープ ビューアーに接続します。

  1. Floating Scope ブロックまたはスコープ ビューアー アイコン をダブルクリックしてスコープを開きます。

  2. [Scope] ウィンドウのツール バーで、信号選択ボタン をクリックします。信号選択を確認するには、[ロック] ボタンの横にあるドロップダウンの選択が必要な場合もあります。

    Simulink エディターのキャンバスがグレー表示されていると、スコープに接続する信号を対話的に選択できることを示します。

  3. スコープに接続する信号を選択します。複数の信号を選択するには、クリックしてドラッグします。

  4. [接続] ポップアップで、接続する信号の横にあるチェック ボックスをオンにします。

  5. スコープに複数の表示領域 (サブプロット) がある場合は、[接続] ポップアップの上部にあるドロップダウンから目的の表示領域を選択して信号を接続します。

  6. Simulink キャンバスの右上にある [X] をクリックします。

    これで信号がスコープに接続されます。シミュレーションを実行してプロットされた信号を確認します。

フローティング スコープからのシミュレーション データの保存

この例では、Floating Scope ブロックを使用して信号を MATLAB® ワークスペースに保存する方法を説明します。同じ手順に従って、スコープ ビューアーからデータを保存できます。

この例では、変更版の vdp モデルを使用します。この例では、フローティング スコープが x1 信号と x2 信号に接続されます。

フローティング スコープからの信号のログの設定

model = 'vdpFloatingScope';
open_system(model);

  1. [フローティング スコープ] ウィンドウから、[表示][コンフィギュレーション パラメーター] を選択します。

  2. [ログ] タブで、[表示された信号のワークスペースへのログ/ログの解除] を選択します。このボタンをクリックすると、Simulink はログの記号をフローティング スコープに接続している信号に配置します。

  3. Simulink エディターの [モデル化] タブで、[モデル設定] をクリックします。

  4. [コンフィギュレーション パラメーター] ウィンドウで、[データのインポート/エクスポート] を選択します。

  5. [信号のログ] チェック ボックスをオンにします。このウィンドウからパラメーター名を設定することもできます。既定のパラメーター名は logsout です。

保存されたシミュレーション データの使用

シミュレーションを実行します。Simulink は、データを MATLAB ワークスペースの out という SimulationOutput に保存します。

out = sim(model);

out で、Simulink はすべてのログに記録されたシミュレーション データまたは保存されたシミュレーション データを 1 つの変数として保存します。out では、スコープ データ オブジェクト logsout にはログに記録された信号ごとに 1 つの要素があります。

MATLAB コマンド ウィンドウで、x1 のログ データをプロットします。

x1_data = out.logsout.get('x1').Values.Data;
x1_time = out.logsout.get('x2').Values.Time;
plot(x1_time,x1_data);

ビューアーの追加と管理

ビューアーおよびジェネレーター マネージャーを開きます。Simulink ツールストリップの [シミュレーション] タブから、[準備] ギャラリーを展開して [ビューアー マネージャー] を選択します。

追加したすべてのビューアーまたはジェネレーターは、ビューアーおよびジェネレーター マネージャーで確認できます。

  • ビューアーまたはジェネレーターを追加するには、 をクリックしてビューアーを選択します。新しいビューアーおよびジェネレーターはどの信号にも接続されていません。

  • 信号を接続するには、ビューアーまたはジェネレーターをクリックして をクリックします。

  • ビューアーまたはジェネレーターを削除するには、 をクリックします。

フローティング スコープでの異なる信号の可視化の迅速な切り替え

  1. Floating Scope ウィンドウを開きます。

  2. ツール バーで、[ロック] ボタン をクリックし、アイコンのロックを解除 します。

  3. モデルで信号線をクリックして選択し、強調表示します。複数の信号を選択するには、Shift キーを押しながら信号を選択します。

    キャンバスをクリックすると、選択された表示領域では、以前に選択された信号への接続が削除されます。

  4. シミュレーションを実行します。ロック解除 アイコンが表示されている間は、信号間でクリックして Floating Scope に表示する信号を切り替えることができます。

参考

| |

関連するトピック