Main Content

シミュレーション結果の表示と解析

シミュレーション中のデータの表示、シミュレーション データの解析、シミュレーション結果と解析結果の保存

シミュレーション中に、次の 1 つ以上のツールを使用することで、パラメーター値を調整してシミュレーション結果を表示できます。

  • Scope ブロックとスコープ ビューアー — プロトタイピングとデバッグのためにデータを迅速に接続して可視化します。

  • Dashboard ブロック — ゲージやランプなどのダッシュボード表示で信号の瞬時値を表示して監視します。

  • シミュレーション データ インスペクター — スパークライン、時間プロット、XY プロット、マップなどの可視化で多数の信号をまとめて表示します。

  • Record ブロック — 信号を接続して表示し、ワークスペース、ファイル、またはその両方にログ記録できます。

シミュレーション データの表示の詳細については、シミュレーション データの可視化方法の決定を参照してください。

シミュレーション後に結果を解析します。

  • カーソルとスコープ測定を使用して信号値を検証します。

  • データを他のソースからシミュレーション データ インスペクターにインポートして、シミュレーション データと一緒に解析します。

  • 信号または実行を比較して、モデルの動作またはパラメーター スイープのデータを解析します。

シミュレーション データと解析結果を保存して共有します。

  • シミュレーション データを MAT ファイルまたは Microsoft® Excel® ファイルに保存またはエクスポートします。

  • データと可視化設定をシミュレーション データ インスペクター セッションとしてまとめて保存します。

  • 比較結果の対話型レポートを生成します。

カテゴリ