ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーションの実行

対話型またはバッチ モードでのモデルのシミュレーション、SimState による繰り返し可能なシミュレーションの作成、モンテカルロ シミュレーションの実行

Simulink® エディターから個々のシミュレーションを対話的およびプログラムにより開始、停止および一時停止できます。シミュレーション結果をライブで表示でき、さまざまな方法で調整可能パラメーターの変更などのシミュレーションの操作を行うことができます。またシミュレーションのステップを前後に移動でき、モデルを再コンパイルせずに反復的なシミュレーションを実行できます。

プログラミングによるシミュレーションでは、MATLAB® コマンド プロンプトからシミュレーションを実行および制御できます。シミュレーションのタイムアウトの有効化、シミュレーションのエラーの取得、およびシミュレーション メタデータへのアクセスをプログラムで行うこともできます。

複数シミュレーション API を使用すると、モデルへの一連の入力を指定し、複数のシミュレーションをこれらの入力を使用して実行できます。関数 parsim を使用すると、複数のシミュレーションを並列に実行できます。これはモデルのテスト、実験計画法、モンテカルロ解析、モデルの最適化などの状況で役立ちます。

注目の例