Main Content

複数のシミュレーションの実行

モデルへの一連の入力を指定し、関数 parsim、関数 batchsim、または Simulink® の [複数のシミュレーション] パネルを使ってこれらの入力で複数のシミュレーションを実行する

複数の並列シミュレーションおよび大規模データのログ記録が含まれるワークフローについて、parsim コマンドまたは batchsim コマンドのコマンド ライン API を使用するか、Simulink エディターの [複数のシミュレーション] パネルでシミュレーションを実行できます。

Parallel Computing Toolbox™ のライセンスをお持ちの場合、関数 parsim を使用してシミュレーションを並列実行できます。この関数は複数のシミュレーションを並列ワーカーに分散させて、全体のシミュレーション時間を短縮します。関数 parsim を Parallel Computing Toolbox で使用すると、並列プールの作成、ファイルの依存関係の特定、アクセラレータおよびラピッド アクセラレータ シミュレーションのビルド アーティファクトの管理を自動化できます。Parallel Computing Toolbox ライセンスが使用できない場合、 parsim コマンドでは複数のシミュレーションが逐次実行されます。

また、関数 batchsim を Parallel Computing Toolbox と MATLAB® Parallel Server™ のライセンスで使用できます。関数 batchsim を使用すると、シミュレーションは計算クラスターにオフロードされます。個別の MATLAB セッションを開いてジョブや結果にアクセスできます。

はじめに、Running Multiple Simulationsおよび家の熱モデルの parsim を使用した並列シミュレーションの実行を参照してください。

関数

batchsim計算クラスターで実行するシミュレーションをオフロード
parsim動的システムを並列または逐次で複数回シミュレーションする
applyToModelSimulationInput オブジェクト in を使用して指定されたモデルに変更を適用
setBlockParameterSimulationInput オブジェクト in を使用して特定のシミュレーションに使用されるブロック パラメーターを設定
setModelParameterSimulationInput オブジェクト in によって、特定のシミュレーションに使用するモデル パラメーターを設定
setInitialStateConfigure Simulink.SimulationInput object to set initial state for simulation
setExternalInputSimulationInput オブジェクト in を使用してシミュレーションに外部入力を設定
setVariableSimulationInput オブジェクト in を使用してシミュレーションの変数を設定
validateSimulationInput オブジェクト in の内容を検証
setPreSimFcnSimulationInput オブジェクト in を使用して各シミュレーションの開始前に MATLAB 関数が実行されるように指定します。
setPostSimFcn SimulationInput オブジェクト in を使って、シミュレーションが完了するたびに実行される MATLAB 関数を指定する
loadVariablesFromMATFileMAT ファイルから Simulink.SimulationInput オブジェクト in に変数を読み込む
getSimulationJobsクラスターからすべての Simulink.Simulation.Job オブジェクトを取得する
contentsSimulink.SimulationInput オブジェクトの内容を表示

クラス

Simulink.SimulationInput複数または個々のシミュレーション用にモデルを変更する SimulationInput オブジェクトを作成
Simulink.Simulation.VariableSimulink.SimulationInput オブジェクト内の変数
Simulink.Simulation.BlockParameterSimulink.SimulationInput オブジェクトのブロック パラメーター
Simulink.Simulation.Future シミュレーション用の Future オブジェクトを返す
Simulink.Simulation.Job batchsim を実行して、Simulink.Simulation.Job オブジェクト、simJob を作成します。

ツール

複数のシミュレーションRun multiple simulations from the Simulink Editor
シミュレーション マネージャー複数のシミュレーションの監視およびシミュレーション データの可視化

トピック