Main Content

Simulink.Simulation.Variable クラス

パッケージ: Simulink.Simulation

Simulink.SimulationInput オブジェクト内の変数

説明

Simulink.Simulation.Variables オブジェクトは、シミュレーション中に Simulink.SimulationInput オブジェクトによって使用される変数とその値を指定します。既定の設定では、このオブジェクトは、ベース ワークスペースまたはデータ ディクショナリ内に既に存在している変数をオーバーライドします。

ほとんどの場合、このクラスのオブジェクトを直接作成する必要はありません。変数を Simulink.SimulationInput オブジェクトに追加するには、 Simulink.SimulationInput オブジェクトに対して setVariable メソッドを使用します。

作成

var = Simulink.Simulation.Variable(variableName,Value) は、変数とその値を指定する Simulink.Simulation.Variables オブジェクト var を作成します。

var = Simulink.Simulation.Variable(variableName,Value,'Workspace',WorkspaceName) は、指定されたワークスペース WorksapceName で定義されている変数とその値を指定する Simulink.Simulation.Variables オブジェクト var を作成します。ワークスペースは、変数がモデル ワークスペースにあることを示すためにモデルの名前にするか、あるいは変数がベース ワークスペースまたはデータ ディクショナリのいずれかにあること示すために 'global-workspace' にすることができます。

プロパティ

すべて展開する

変数の名前。文字ベクトルとして指定します。

変数の値。文字ベクトルとして指定します。

変数が定義されているワークスペースの名前。文字ベクトルとして指定します。

バージョン履歴

R2020a で導入