Main Content

個々のシミュレーションの実行

Simulink® エディターから直接または MATLAB® コマンド プログラムからプログラムにより個々のシミュレーションを個別に実行および制御

モデルをシミュレーションすると、モデル化のプロセスを通じて作成するアルゴリズムの結果が示されます。シミュレーションのペーシング、モデル パラメーターの調整、シミュレーションの停止または一時停止、端子の値の表示によりシミュレーションを操作して、モデルの設計を評価できます。シミュレーションによって、モデルの設計や動作を把握できます。

モデルを対話的にシミュレートするには、Simulink ツールストリップで [実行] ボタンをクリックするか、MATLAB コマンド ウィンドウまたは MATLAB スクリプトのプログラムで simset_param などの関数を使用します。

並列シミュレーションおよびバッチ シミュレーションの実行の詳細については、複数のシミュレーションの実行を参照してください。

関数

すべて展開する

simSimulink モデルをシミュレート
set_paramSimulink パラメーターの値を設定
get_paramパラメーターの名前と値の取得
slsim.allowedModelChangesDetermine changes you can make to model based on simulation status
Simulink.BlockDiagram.getInitialStateブロック線図の初期状態データを返す
get Stateflow チャート、MATLAB System ブロック、S-Function の操作点情報を取得
setStateflow チャート、MATLAB System ブロック、S-Function の操作点情報を設定
find シミュレーション結果の値へのアクセスと表示
get シミュレーション結果の値へのアクセスと表示
getSimulationMetadataシミュレーション用の SimulationMetadata オブジェクトを返す
removePropertyRemove property from Simulink.SimulationOutput object
setUserDataSimulationOutput オブジェクトに含まれる SimulationMetadata オブジェクトへのカスタム データの保存
setUserStringカスタム文字ベクトルを SimulationOutput オブジェクト内の SimulationMetadata オブジェクトに保存する
who シミュレーションの出力変数名へのアクセスと表示

オブジェクト

Simulink.SimulationInput複数または個々のシミュレーション用にモデルを変更する SimulationInput オブジェクトを作成
Simulink.SimulationOutputシミュレーション結果へのアクセス
Simulink.SimulationMetadataシミュレーション実行のメタデータへのアクセス
Simulink.op.ModelOperatingPointComplete information that represents model operating point in simulation

トピック

基本的なシミュレーションの実行

シミュレーションの解析

高速リスタートによる対話型シミュレーションの実行