Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

入力

説明

シミュレーション用にワークスペースから入力データを読み込みます。

カテゴリ: Data Import/Export

設定

既定の設定: オフ、 [t,u]

オン

ワークスペースからデータを読み込みます。

ワークスペースからモデルに読み込むデータの MATLAB® 表現を指定します。Simulink® ソフトウェアは、記号の解釈で説明するように、表現内のシンボルを解決します。

詳細については、ルート レベルの入力端子へのデータの読み込みを参照してください。

[入力] パラメーターは、入力データをデータ ディクショナリからは読み込みません。モデルでデータ ディクショナリが使用されており、かつ、モデルからベース ワークスペースへのアクセスが無効になっている場合でも、[入力] パラメーターはベース ワークスペース内のシミュレーション入力変数にアクセスします。

オフ

ワークスペースからデータを読み込みません。

ヒント

  • matlab.io.datastore.SimulationDatastore オブジェクトを要素として含む Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトを使用する場合、永続ストレージに格納されるデータがファイルからストリーミングされます。詳細については、シミュレーションのためのビッグ データの読み込みを参照してください。

  • 入力データを入力する前に [入力] チェック ボックスをオンにしておかなければなりません。

  • Simulink ソフトウェアでは、対応する Inport に対して [データを内挿する] オプションが選択されている場合、必要に応じて入力値が線形に内挿または外挿されます。

  • [入力] ボックスの使用は、[データのインポート/エクスポート] ペインにある [形式] リストの設定とは無関係です。

  • 信号データをルートレベルの入力に読み込むための [入力] パラメーターの使用方法の詳細については、ルート レベルの入力端子へのデータの読み込みを参照してください。

コマンド ライン情報

パラメーター: LoadExternalInput
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'
パラメーター: ExternalInput
型: 文字ベクトル
値: 任意の有効な値
既定の設定: '[t,u]'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性推奨なし
安全対策推奨なし

関連するトピック