ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Inport

サブシステムの入力端子、または外部入力を作成

  • ライブラリ:
  • Simulink / Commonly Used Blocks

    Simulink / Ports & Subsystems

    Simulink / Sources

    HDL Coder / Commonly Used Blocks

    HDL Coder / Ports & Subsystems

    HDL Coder / Sources

説明

Inport ブロックは、信号をシステムの外部からシステムにリンクします。

Simulink® は、以下のルールに従って Inport ブロック端子番号を割り当てます。

  • 最上位システム内またはサブシステム内の Inport ブロックに自動的に 1 から順番に番号を付けます。

  • Inport ブロックを追加する場合、ラベルは使用可能な次の番号になります。

  • Inport ブロックを削除する場合、Inport ブロックが順番どおり並び、どの番号も省略されることなく自動的に他の端子にも連番が付けられます。

  • Inport ブロックをシステムにコピーする場合、そのブロックの現在の端子番号がシステム内に既に存在する Inport ブロックと矛盾していなければ、そのブロックの端子番号の再番号付けは "行われません"。コピーされた Inport ブロック端子番号が順番になっていない場合は、ブロックに連番が付きます。それ以外の場合は、シミュレーションの実行時またはブロック線図の更新時にエラー メッセージが表示されます。

最上位システムの Inport ブロック

最上位システムで Inport ブロックを使用して、以下を実行できます。

  • 次のいずれかの方法を使用して、ワークスペースから外部入力を供給します。外部出力が指定されていない場合は、既定の出力はグラウンド値です。

  • 解析関数 linmod および trim でモデルの摂動を与えます。

    • Inport ブロックを使用して、システムに入力を挿入します。モデルの線形化を参照してください。

  • ルートの Inport ブロックを使用してログに記録した信号データを読み込むために、関数 createInputDataset を使用してルートレベルの Inport ブロックに対応する要素が含まれる Dataset オブジェクトを作成します。

サブシステムの Inport ブロック

サブシステムの Inport ブロックは、サブシステムへの入力を表します。Subsystem ブロック上の入力端子に接続されている信号は、そのサブシステムの対応する Inport ブロックから出ていきます。Subsystem ブロックの入力端子に対応する Inport ブロックは、[端子番号] パラメーターが Subsystem ブロックの入力端子の相対位置に一致するブロックです。たとえば、[端子番号] パラメーターが 1 である Inport ブロックは、その信号を Subsystem ブロックの一番上の端子に接続しているブロックから取得します。

Inport ブロックの [端子番号] に関して再度番号付けを行う場合、ブロックは別の入力端子に接続されるようになります。ブロックはサブシステム外部の同じブロックから引き続き信号を受信します。

サブシステム内の Inport ブロックは、信号ラベルの伝播をサポートしますが、ルートレベルの Inport ブロックはサポートしません。

ヒント

サブシステムに接続する多くのバス要素で構成されるバス信号を含むモデルについては、In Bus Element ブロックと Out Bus Element ブロックを使用することを検討してください。これらのバス要素端子ブロックにより、次が可能です。

  • ブロック線図における信号線の複雑さと煩雑さを低減する。

  • インターフェイスの段階的な変更を容易にする。

  • 使用ポイントに近いバス要素へのアクセスを許可して、Bus Selector および Goto ブロック構成の使用を回避する。

Out Bus Element ブロックはブロック タイプ Outport です。ただし、継承されたワークフローをサポートするバス要素端子ブロックで許可される仕様はありません。Out Bus Element ブロックの [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスを使用してデータ型または次元などのバス要素属性を指定することはできません。

重複する Inport の作成

Inport ブロックの複製は何個でも作成することができます。ブロック線図は、コピーすることにより不必要なラインが除かれ、元の意図に沿って単純化されます。コピーは、オリジナルと同じ端子番号、プロパティ、出力をもちます。

Inport ブロックの複製を作成するには、以下のようにします。

  1. ブロック線図で、コピーするブロックを選択します。

  2. モデル エディターの [編集][コピー] を選択します。

  3. ブロック線図内でコピーを配置する場所にカーソルを置きます。

  4. [編集][重複する Inport の貼り付け] を選択します。

ルートレベルの Inport へのバスの接続

モデルのルートレベルの Inport でバス信号を生成する場合、[データ型] パラメーターを Inport で生成されるバスを定義するバス オブジェクト名に設定します。詳細については、バス オブジェクトを使用する状況を参照してください。

端子

出力

すべて展開する

入力端子からシステムに流れる入力信号。

Subsystem Inport を使用すると、固定小数点データを構造体またはその他の形式で取得できます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

パラメーター

すべて展開する

メイン

ブロックに対応する端子が親 Subsystem または Model ブロックに現れる順序を指定します。

  • 別の端子を作成するブロックを追加する場合、端子番号は次に利用可能な番号になります。

  • ある端子に関連付けられているすべてのブロックを削除すると、その端子が削除されます。どの番号も省略されることなく連番になるように、その他の端子の番号を付け直します。

  • 端子の数を超える端子番号を指定すると、その番号の端子と、その番号まで連番になる他の端子が作成されます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Port
型: 文字ベクトル
値: 実数の整数
既定の設定: '1'

この端子のアイコン上に表示される情報を指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: IconDisplay
型: 文字ベクトル
値: 'Signal name' | 'Port number' | 'Port number and signal name'
既定の設定: 'Port number'

ブロックが前のタイム ステップでの入力信号の値を出力するように指定します。

このチェック ボックスをオンにすると、Simulink はループの一部である Triggered Subsystem でのデータの依存性を解決できます。

Inport ブロックは、<Lo> を表示することによってこのオプションが選択されていることを示します。

依存関係

Triggered Subsystem 内で有効になっています。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: LatchByDelaying OutsideSignal
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

ブロックが入力の値をこのサブシステムにラッチするように指定して、サブシステムの実行中にこの値が変化しないようにします。複数の Function-Call Subsystem を呼び出すために分岐される 1 つの関数呼び出しの場合、これらの Function-Call Subsystem の 1 つから他の Function-Call Subsystem に供給された信号によって形成されたループがこのオプションで解消されます。このオプションは、このサブシステムの実行時に呼び出される Function-Call Subsystem からのフィードバック信号の値の変化を防止します。

Inport ブロックは、<Li> を表示することによってこのオプションが選択されていることを示します。

依存関係

Inport ブロックが Function-Call Subsystem 内にある場合に有効になります。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: LatchInputFor FeedbackSignals
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

データをワークスペースからルートレベルの Inport ブロックに読み込む際、ブロックが対応するデータが存在しないタイム ステップで出力の線形内挿と線形外挿を行うかどうか指定します。

ワークスペースから離散信号のデータを読み込むには、Inport ブロックのダイアログ ボックスで以下を行います。

  1. サンプル時間 パラメーターを離散値 (2 など) に設定します。

  2. [データを内挿する] パラメーターをオフにします。

離散サンプル時間を指定すると、シミュレーションのヒット時間が離散データがサンプリングされたときと正確に一致するようになります。時間値ではなく、データ値を指定します。

内挿をオフにすると、シミュレーションの他の時点で倍精度演算の処理によって予期しないデータ値が生成されることを回避できます。詳細については、離散アルゴリズムをテストするデータの読み込みを参照してください。

Simulink は、次の内挿および外挿を使用します。

  • 指定した最初のデータ点と最後のデータ点の間のタイム ステップ — ゼロ次ホールド

  • 指定した最初のデータ点の前および指定した最後のデータ点の後のタイム ステップ — グラウンド値

  • 指定した最初のデータ点の前のタイム ステップの可変サイズ信号 — single または double のデータ型の場合は NaN がログに記録され、その他のデータ型の場合はグラウンド。タイムステップが指定した最後のデータ点の後には、グラウンド値を使用します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Interpolate
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

信号およびバス データのルートレベル Inport へのインポート、可視化およびマッピングを行うには、このボタンをクリックします。ルート Inport マッパー ツールが表示されます。

依存関係

このボタンは、このブロックがルート Inport ブロックである場合にのみ表示されます。

Signal Attributes

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックして、データ型の属性の設定に役立つ [データ型アシスタント] を表示します。詳細については、データ型アシスタントを利用したデータ型の指定を参照してください。

入力信号が関数呼び出しトリガー信号を出力することを指定します。

最上位モデルで参照されたときに現在のモデルで関数呼び出しトリガー信号を受け入れる必要がある場合には、このオプションを選択します。

依存関係

非同期関数呼び出しで有効になります。

Simulink がチェックする出力範囲の下限値。

この数値は有限の実数で double のスカラー値でなければなりません。

メモ

このブロックのデータ型としてバス オブジェクトを指定した場合、ブロックのバス データの最小値を設定しないでください。Simulink によりこの設定は無視されます。代わりに、データ型として指定したバス オブジェクトのバス要素の最小値を設定してください。バス要素の最小値プロパティの詳細については、Simulink.BusElement を参照してください。

Simulink ソフトウェアは、以下を行う際にこの値を使用します。

  • シミュレーション範囲のチェック (信号範囲を参照)

  • 固定小数点データ型の自動スケーリング

  • モデルから生成するコードの最適化。この最適化により、アルゴリズム コードが削除され、SIL やエクスターナル モードなどの一部のシミュレーション モードの結果に影響を与えることがあります。詳細については、指定した最小値と最大値を使用した最適化 (Simulink Coder)を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutMin
: 文字ベクトル
: '[ ]'| スカラー
既定の設定: '[ ]'

Simulink がチェックする出力範囲の上限値。

この数値は有限の実数で double のスカラー値でなければなりません。

メモ

このブロックのデータ型としてバス オブジェクトを指定した場合、ブロックのバス データの最大値を設定しないでください。Simulink によりこの設定は無視されます。代わりに、データ型として指定したバス オブジェクトのバス要素の最大値を設定します。バス要素の最大値プロパティの詳細については、Simulink.BusElement を参照してください。

Simulink ソフトウェアは、以下を行う際にこの値を使用します。

  • シミュレーション範囲のチェック (信号範囲を参照)

  • 固定小数点データ型の自動スケーリング

  • モデルから生成するコードの最適化。この最適化により、アルゴリズム コードが削除され、SIL やエクスターナル モードなどの一部のシミュレーション モードの結果に影響を与えることがあります。詳細については、指定した最小値と最大値を使用した最適化 (Simulink Coder)を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutMax
: 文字ベクトル
: '[ ]'| スカラー
既定の設定: '[ ]'

外部入力の出力データ型を指定します。型は継承されるか、直接指定されるか、Simulink.NumericType などのデータ型オブジェクトとして表現されます。バス オブジェクトを式として指定しないでください。

固定小数点ツールや固定小数点アドバイザーによる変更を避けるために、このブロックの出力データ型の設定をロックします。詳細については、[出力データ型の設定をロックする] の使用 (Fixed-Point Designer)を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: LockScale
: 文字ベクトル
: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

親モデル内で非バーチャルになる出力端子のバスを指定します。親モデルに現れるバスが非バーチャルであるようにする場合、このパラメーターを選択します。[親モデル内の非バーチャル バスとして出力] の設定にかかわらず、端子への入力であるバスは、バーチャルまたは非バーチャルになることができます。

親モデルに現れるバスがバーチャルであるようにする場合、このパラメーターの選択を解除します。

ヒント

  • 非バーチャル バスでは、すべての信号が、関連するバス オブジェクトの要素が継承されたサンプル時間を指定する場合でも、同じサンプル時間をもたなければなりません。この要件を満たさない非バーチャル バスになるバス演算は、エラーになります。詳細については、参照モデルへのマルチレート バス入力を参照してください。

  • バーチャル バスで、マルチレート信号を使用するには、ルートレベルの Outport ブロックで、[サンプル時間] パラメーターを [継承] (-1) に設定します。

  • モデル参照階層の最上位モデルでは、コードの生成によって、このブロックによるバス信号出力を表す C 構造体が作成されます。

  • 参照モデルでは、このオプションを選択して C 構造体を作成します。それ以外の場合は、コード生成によって、バスの各リーフ要素の引数が作成されます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[データ型][Bus: <object name>] を選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: BusOutputAsStruct
: 文字ベクトル
: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

ブロックに対する入力信号の物理単位を指定します。単位を指定するには、テキスト ボックスに入力します。入力中、パラメーターには一致する可能性のある単位が表示されます。サポートされる単位のリストについては、「Allowed Units」を参照してください。

単位系を制約するには、パラメーターの右側にあるリンクをクリックします。

  • Unit System Configuration ブロックがコンポーネントに存在する場合は、そのダイアログ ボックスが表示されます。そのダイアログ ボックスを使用して、コンポーネントに対して許可される単位系と許可されない単位系を指定します。

  • Unit System Configuration ブロックがコンポーネントに存在しない場合は、モデルの [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスが表示されます。そのダイアログ ボックスを使用して、モデルに対して許可される単位系と許可されない単位系を指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Unit
型: 文字ベクトル
: 'inherit' | '<Enter unit>'
既定の設定: 'inherit'

この Outport ブロックに接続するために信号に必要な次元を指定します。

-1

任意の次元の信号をこの端子に接続できます。

N

この端子に接続される信号は、サイズ N のベクトルです。

[R C]

この端子に接続される信号は、RC 列の行列です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: PortDimensions
: 文字ベクトル
: '-1' | 整数 | [整数, 整数]
既定の設定: '-1'

この端子から許可される信号のタイプを指定します。可変サイズの信号と固定サイズの信号を許可するには、[継承] を選択します。可変サイズの信号のみを許可するには、[はい] を選択します。可変サイズの信号を許可しないようにするには、[いいえ] を選択します。

依存関係

この端子の信号が可変サイズの信号である場合、[端子の次元] パラメーターにより信号の最大次元が指定されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: VarSizeSig
型: 文字ベクトル
値: 'Inherit '| 'No' | 'Yes'
既定の設定: 'Inherit'

サンプル時間の離散間隔を指定します。あるいは、連続または継承などの他の適切なサンプル時間を指定します。

既定の設定では、ブロックはモデル内の前後関係に基づいてサンプル時間を継承します。他のサンプル時間を設定するには、サンプル時間のタイプの表に基づいて有効なサンプル時間を入力します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: SampleTime
型: 文字ベクトル
値: スカラー
既定の設定: '-1'

信号出力の数値型を指定します。その入力に接続している信号の数値型を選択するには、[自動] を選択します。それ以外の場合は、実数または複素信号型を選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: SignalType
型: 文字ベクトル
値: 'auto' | 'real' | 'complex'
既定の設定: 'auto'

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single | string

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入