ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ルート Inport 信号データのマッピング

信号およびバス データのルートレベルの入力端子へのインポート、可視化およびマッピングを行うには、ルート Inport マッパー ツールまたは関数 getRootInportMap を使用します。モデルの最上位または参照モデルで、ルートレベルの入力端子には次のものが含まれます。

  • Inport ブロック

  • Enable ブロック

  • Trigger ブロック

ルートレベルの入力端子は、[コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート][入力] パラメーターの値に基づいた MATLAB® ワークスペースからデータをインポートします。

ルートレベルの Inport のマッピングでは、ほとんどのモデル化要件を満たし、モデルの柔軟性を維持するような方法で信号データをインポートします。次のことが可能です。

  • ワークスペースからの信号をもつモデルをテストし、より大きなコンテキストで変更せずに参照モデルとして使用。

  • ルートレベルの Inport をインポートおよびマッピングする信号データに基づいて [入力] パラメーターを更新。

  • すべてのデータを MATLAB メモリに読み込まずに、信号データを視覚的に検証。

ヒント

他のデータのインポート手法が固有のモデル化要件 (データ量やストレージの場所など) に適合しているかどうかを判断するには、信号読み込みの手法の比較を参照してください。

ルート Inport マッパー ツールを開く

ルート Inport マッパー ツールを開くには、以下のいずれかの方法を使用します。

  • [コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート] ペインで、[入力の接続] をクリック。

  • Inport ブロックの [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスで、[入力の接続] を選択。

コマンド ライン インターフェイス

カスタム オブジェクトを作成してルートレベルの入力端子に信号をマッピングするには getRootInportMap を使用します。またカスタム マッピング モードを作成するには getSlRootInportMap を使用します。詳細については、カスタム マッピング モードの作成と使用を参照してください。

インポートおよびマッピングのワークフロー

  1. インポートおよびマッピングする信号データを特定し、必要な場合作成します

  2. 信号データをインポートおよび検証します

  3. インポートされた信号データをマッピングします。たとえば、ブロック パスまたは信号名で信号データをマッピングできます。

  4. マッピングされたデータを使用してモデルのシミュレーションを実行します。シナリオをモデルに関連付けた後で、シナリオ付きのシミュレーション スクリプトを生成して、バッチ シミュレーションを実行できます。

  5. オプションで、現在のルート Inport マッパーのシナリオを (後で参照したり、他のユーザーと共有したりするために) 保存できます。

ヒント

ルート Inport マッパー ツールのマッピング モードを拡張するには、カスタムのマッピング ファイル関数を作成して、データをルートレベル Inport にマッピングします。

マッピング モードの作成

ルート Inport マッパー ツールが信号データをモデルにマッピングする方法を指定するには、ツール バーの [モデルにマッピング] セクションにある以下のマッピング モードから選択します。

  • ブロック名 — ルートレベルの入力端子ブロックの名前に基づいて、信号データを端子に接続します。

  • ブロック パス — ルートレベルの入力端子ブロックのパスに基づいて、信号データを端子に接続します。

  • 信号名 — 端子の信号名に基づいて、信号データを端子に接続します。

  • 端子の順序 — 連続する端子番号をインポートされたデータに接続します。

  • カスタム — カスタム マッピング ファイルの定義に基づいて信号データを端子に接続します。

サポートされているそれぞれの入力形式は、1 つ以上のマッピング モードをサポートします。たとえば MATLAB timeseries データをインポートするには、任意のマッピング モードを使用します。データ配列の信号データをインポートするには、端子の順序のマッピング モードを使用します。

参考

関数

関連する例

詳細