ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ルート Inport のマッピング シナリオ

ルート Inport マッパー ツールを使用して、シナリオの作成、シナリオの保存、以前保存したシナリオの読み込みを行います。ルート Inport マッパー ツールは、シナリオを使用して、インポートおよびマッピングした信号の現在の状態のスナップショットを MLDATX ファイルに保存します。シナリオ ファイルには次の情報が格納されます。

  • 信号ファイル (MAT ファイルまたは Microsoft® Excel® ファイル) の場所

  • モデルの場所

  • マッピング モード

  • マッピング オプション

  • マッピング状態

シナリオ ファイルを共有する場合は、シナリオ ファイルと信号ファイル (MAT ファイルまたは Microsoft Excel) を含めます。信号ファイルは既知の最後の場所 (最後にルート Inport マッパー ツールを使用した場所) または MATLAB® パスに配置します。

シナリオを開く

既存のシナリオを開くには、[開く] をクリックします。別のシナリオで作業を行っている場合、ルート Inport マッパー ツールで次のメッセージが表示されます。

目的クリックするボタン

新しいシナリオを開きます。既存のシナリオは保存せずに削除します。

いいえ

シナリオを開かずにキャンセルします。

[キャンセル]

既存のシナリオを保存するには、[はい] をクリックします。その後 [開く] ボタンをもう一度クリックして既存のシナリオを開きます。

はい

シナリオの保存

[保存] アイコンが青色の場合またはタイトル バーのモデル名にアスタリスク (*) が表示されている場合に、シナリオを保存できます。

  1. [ルート Inport マッパー] ツール バーで [保存][名前を付けて保存] を選択します。

  2. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで書き込み可能なフォルダーを参照して指定し、シナリオ ファイルの名前を指定して [保存] をクリックします。

    • 信号とシナリオ ファイルを保存するには [はい] をクリックします。

      MAT ファイルが既にシナリオに関連付けられている場合は、そのファイルにベース ワークスペース変数が追加されます。

シナリオを既存のファイル (シナリオが最後に読み込まれたファイル) に保存するには、次を行います。

  1. ルート Inport マッパー ツールのツール バーで、[保存] をクリックします。

  2. シナリオを保存する .mldatx ファイルを参照して指定し、[保存] をクリックします。

    シナリオで信号を保存していない場合は、信号を MAT ファイルに保存するように求めるメッセージが表示されます。

    目的操作

    既存の .mldatx ファイルを上書きします。

    はい

    ダイアログ ボックスを終了します。シナリオは保存されません。

    いいえ

既存のシナリオを開く

保存済みのシナリオ ファイルは次のいずれかの方法で開くことができます。

  • 保存済みのシナリオ ファイル (*.mldatx) をダブルクリックします。ルート Inport マッパー ツールが開き、モデルが読み込まれます。または、ファイルを右クリックして [開く] を選択することもできます。

    • シナリオ ファイルを読み込む際、関連付けられているモデルと MAT ファイルまたは Microsoft Excel ファイルは、既知の最後の場所で検索され、次に MATLAB パスで検索されます。これらの 2 つの場所でモデルまたは信号ファイルが見つからない場合はエラーが発生します。

    • 以前保存したシナリオに信号がマッピングされている場合、そのシナリオを開くとマッピングが適用されます。また、モデルをシミュレーションできるようにベース ワークスペースに信号が追加されます。

  • モデルのルート Inport マッパー ツールを開き、[開く] をクリックして保存済みのシナリオ ファイルを選択します。

モデルが既に開いている場合、そのモデルの既存のシナリオが新しいシナリオで上書きされます。開いているシナリオに未保存の変更がある場合、プロンプトに応答します。

目的クリック

新しいシナリオを読み込む前に既存のシナリオとそれに関連するデータを保存します。

はい

既存のシナリオを保存せずに新しいシナリオを開きます。この場合、既存のシナリオのデータも削除されます。

いいえ

複数のシナリオの作業

複数のシナリオ ファイルを同時に開いて作業できます。複数のシナリオ ファイルで作業することにより、複数のシナリオ ファイルの表示、編集、グループ化および入れ子にすることができます。複数のシナリオ ファイルを使用すると、相互に関係するコンポーネントを含むより複雑なシステムをテストできます。

複数のシナリオをそれぞれ開くと、ルート Inport マッパー ツールはそのデータセットを [シナリオ データセット] セクションに追加します。シナリオに信号のみが含まれている場合、信号を Simulink.SimulationData.Dataset 形式に変換します。

  1. 信号を Simulink.SimulationData.Dataset 形式に変換するには、関数 convertToSlDataset を使用します。

  2. 新しいデータセットにリンクします。シナリオを再度開く必要はありません。

関連する例

詳細