Main Content

カスタム マッピング モードの作成と使用

ルート Inport マッパー ツールで提供されるマップ モードを補完するために、カスタムのマップ モードを作成できます (マッピング モードの作成を参照)。

ルート Inport マッパー ツールの使用に関連するその他のステップの概要については、インポートおよびマッピングのワークフローを参照してください。

カスタムのマッピング ファイル関数の作成

ルート Inport マッパー ツールのマッピング モードを使用しない場合は、カスタムのマッピング ファイル関数を作成します。たとえば、以下のような場合には、カスタムのマッピング ファイル関数を作成することを検討してください。

  • モデルに存在しない共通の接頭辞が信号データに含まれている。

  • 明示的に信号をマッピングする。

ブロック名のいずれとも一致しない信号名がデータに含まれている場合、カスタム マッピング関数がブロック名のマッピングに役立ちます。

例については、フォルダー matlabroot/help/toolbox/simulink/examples (開く) にある次のファイルを参照してください。

ファイル説明

BlockNameIgnorePrefixMap.m

信号をインポートするときに信号名の接頭辞を無視するカスタム マッピング ファイル関数

BlockNameIgnorePrefixData.mat

インポートする信号データの MAT ファイル

ex_BlockNameIgnorePrefixExample

データをインポートおよびマッピングできるモデル ファイル

また、カスタム マッピングされる外部入力をもつマッピング モードの使用を参照してください。

カスタム マッピング ファイル関数を作成するには、次を行います。

  1. 次の入力パラメーターをもつ MATLAB® 関数を作成します。

    • モデル名

    • 信号名。文字ベクトルの cell 配列として指定します。

    • 信号データの cell 配列として指定する信号

  2. この関数内で関数 getRootInportMap を呼び出して、マッピング オブジェクトを格納する変数を作成します (例については BlockNameIgnorePrefixMap.m を参照)。

  3. MATLAB 関数ファイルを保存して閉じます。

  4. MATLAB パスに新しい関数のパスを追加します。

カスタム マッピング ファイル関数を使用するには、以下のようにします。

  1. データのインポート先のモデルを開きます (たとえば、ex_BlockNameIgnorePrefixExample)。

  2. モデルの [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開き、[データのインポート/エクスポート] ペインを選択します。

  3. [ワークスペースから読み込み] セクションで、[入力の接続] をクリックします。

  4. 信号 (たとえば BlockNameIgnorePrefixData.mat) をインポートします。

  5. ツールストリップの [モデルにマッピング] セクションの [カスタム] をクリックします。

  6. [カスタム] テキスト ボックスでブラウザーを使用して MATLAB 関数ファイル (たとえば BlockNameIgnorePrefixMap.m) を選択します。

    既定では、このテキスト ボックスには slexcustomMappingMyCustomMap が含まれます。これは、カスタム入力マッピングによる入力データの外部入力への付加のカスタム関数です。

    ヒント

    カスタム コードはルート Inport マッパー ツールで解析されます。解析によって出力がアルファベット順に並べ替えられて、データ型が一致していることが検証されます。

  7. [オプション] をクリックし、[コンパイル] チェック ボックスをオンにします。

  8. [マップ] をクリックします。

    モデルがコンパイルされ、ルート Inport マッパー ツールが更新されます。

    マッピング結果を理解するには、マッピング結果の理解を参照してください。

  9. モデルを保存して閉じます。

モデルのマッピング定義を保存したら、データの読み込みを自動化できます。次に同じ信号グループの入力データをワークスペースに読み込んだときに、モデルのシミュレーションで同じマッピング定義が使用されます。詳細については、マッピング データ読み込みの代替ワークフローを参照してください。

Simulink モードに類似したカスタム マッピング モード

使用するカスタム マッピング モードが Simulink® マッピング モードに似ている場合、カスタム マッピング ファイル関数内で関数 getSlRootInportMap を使用してデータ マッピングを実行できます。

この関数を使用するカスタム マッピング ファイル関数の例については、カスタム マッピングされる外部入力をもつマッピング モードの使用を参照してください。

入力変数のコマンド ライン インターフェイス

関数 getInputString を使用して一連の入力変数を次に対して指定します。

  • sim コマンド

  • [コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート][入力] パラメーターに貼り付けることができる入力変数のリスト

関連する例

詳細