Main Content

Simulink.io.SignalBuilderSpreadsheet クラス

パッケージ: Simulink.io

Signal Builder で使用される形式でスプレッドシートを読み取る

説明

Simulink.io.SignalBuilderSpreadsheetSimulink.io.FileType 基底クラスから継承します。Signal Builder で使用される形式に設定されたスプレッドシートを読み取ります。Signal Builder で使用されるスプレッドシートをインポートするには、このクラスを使用します。

classdef SignalBuilderSpreadsheet < Simulink.io.FileType

Simulink.io.SignalBuilderSpreadsheet クラスは handle クラスです。

クラス属性

Abstract
false
HandleCompatible
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

プロパティ

すべて展開する

パブリック プロパティ

信号エディターにインポートする信号を含むファイルのファイル名。文字配列として指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

データ型:

メソッド

すべて展開する

すべて折りたたむ

特殊な関数を使用して FileType を操作します。この例は、open('Simulink.io.CreateSignals') サンプル ファイルを参照します。

Signal Builder の形式の foo.xlsx スプレッドシートの内容を取得します。

fileName = 'foo.xlsx';
aReader = Simulink.io.SignalBuilderSpreadsheet(fileName);
resultOfWhos = whos( aReader );

foo.xlsx のカスタム信号を読み込みます。

fileName = 'foo.xlsx';

aReader = Simulink.io.SignalBuilderSpreadsheet(fileName);
varsOnFileStruct = load(aReader,'myGroup1');

foo.xlsx から変数を読み込みます。

fileName = 'foo.xlsx';

aReader = Simulink.io.SignalBuilderSpreadsheet(fileName);
var = loadAVariable(aReader,'myGroup1');

foo.xlsx からカスタム信号をインポートします。

fileName = 'foo.xlsx';

aReader = Simulink.io.SignalBuilderSpreadsheet(fileName);
importedVars = import(aReader,'myGroup1');

信号エディターから信号をエクスポートします。

ds = Simulink.SimulationData.Dataset;
ds = ds.addElement(timeseries([1:10]',[1:10]'),'Signal1'); %#ok<*NBRAK>
ds = ds.addElement(timeseries([1:10]',[11:20]'),'Signal2');
ds = ds.addElement(timeseries([1:10]',[21:30]'),'Signal3');

aReader = Simulink.io.SignalBuilderSpreadsheet('myFileToExport.xls');

didWrite = aReader.export(filePath,{'ds'},{ds},0);

バージョン履歴

R2020a で導入