Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタム ファイル タイプのインポート

独自のカスタム データ形式または非 MAT ファイルの信号を編集するには、[信号エディター] タブの [開く][インポート] オプションを使用します。カスタム ファイル タイプの特徴を次に示します。

  • Microsoft® Excel® または JSON 形式ファイルなどの MATLAB® または Simulink® の外部です。

  • 入力データの形式にリストされている形式に準拠していない信号データが含まれます。

Simulink は次のファイル タイプを提供します。

  • Simulink.io.SignalBuilderSpreadsheet — Signal Builder ファイル タイプ

  • サンプル ファイル タイプ

    • Simulink.io.MySignalMatFile

    • Simulink.io.CreateSignals

社内で開発するカスタム ファイル タイプをインポートするには、独自のカスタム ファイル タイプ リーダーを作成して登録します。詳細については、信号エディターにインポートするカスタム ファイル タイプの作成を参照してください。その後、このワークフローを使用して、カスタム ファイル タイプを信号エディターにインポートします。

メモ

開始する前に、カスタム ファイル タイプのクラス ファイルを誰も編集していないことを確認します。カスタム ファイル タイプのクラス ファイルをリーダーとしてインポートしている時に編集すると、予期しない動作が発生します。

  1. カスタム ファイル タイプが Simulink に登録されていることを確認します。[信号エディター] タブで、[開く][インポート] を選択します。[エクスポート] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [参照] をクリックします。

  3. カスタム MAT ファイルのリストから、信号が含まれているものを選択します。たとえば custompath/newFile.mat です。

    すべての登録されたファイル タイプは、サポートされるファイル タイプ テーブルに表示されます。

  4. 信号エディターに表示する信号を選択し、[OK] をクリックします。信号名を検索するには、その名前を [名前] に入力します。

  5. [信号エディター] タブで、信号が階層内にあることを確認します。他の信号と同様に、これらの信号を編集できます。

参考

|

関連するトピック